「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀勢の里に捧ぐ

大相撲名古屋場所千秋楽、相撲ファン一番の注目の取組と言えば、恐らく稀勢の里VS琴奨菊戦ではなかったろうか。
既に白鵬が13日目に26回目の優勝を決めており、残された興味と言えば、稀勢の里が翌場所に綱取りのチャンスを持ち越せるかどうかという点であった・・・。
少なくとも私的には。

綱取りの今場所、前半戦で3敗した稀勢の里は、既に今場所の綱取りの可能性は無くなり、その時点では見事にファンの期待を裏切ったかに見えたが、奮起一番、翌日から連勝街道を走り続け、13日目,14日目には両横綱を粉砕し、いよいよ千秋楽の一番に勝てば来場所に綱取りの希望をつなげられるというところまで来た。
一度は絶望の淵にたたき落とされた稀勢の里ファン(並びに日本人横綱の誕生を待ちわびる相撲ファン)にも、ここに来てまた大きな希望の灯りが見えて来たのである。
なんとも演出に長けた力士ではないか、稀勢の里という男は。
ファンとしては当然盛り上がらざるを得まい。

千秋楽の相手は大関の琴奨菊。
場所後に大関当確が決まっていた一昨年の九州場所千秋楽、この一番に勝って大関昇進に花を添えたい稀勢の里であったが、立ち合いから琴奨菊に電車道で走られ、呆気なく敗れた。
先場所は14日目に白鵬と全勝対決となり、熱戦の末、惜しくも敗れたが、千秋楽の一番に勝てば、翌場所は綱取り挑戦の場所となるというところで、またも琴奨励菊に圧倒され、なんとも尻すぼみな結果となった。
それでも何が何でも日本人横綱の誕生を切望する日本相撲協会は、今場所が始まる前に「高いレベルでの優勝なら綱取りも有り得る」と、かなりハードルを下げて綱取りのお膳立てをしてくれた。
一気に日本人横綱誕生に向けて盛り上がったこの名古屋場所、三日目、五日目、七日目に黒星を喫した稀勢の里は、早々と場所後の綱取りの資格を失い、綱取りに期待を寄せていた全稀勢の里ファン(並びに日本人横綱の誕生を待ちわびる相撲ファン)を一気に白けさせた。
この時点で早くも来場所以降の綱取り挑戦が振り出しに戻ったかに思えたが、ここから本来の力を発揮し、前述の通り両横綱を破って千秋楽を迎えた。

普通ならここまで来れば千秋楽の一番も勝って来場所こそ優勝して綱取りだ!!・・・と大いに盛り上がる結果となるはずなのであるが、過去二場所と同じようにまたもや琴奨菊に圧倒され、呆気なく土俵を割ってしまった。
しばし呆然・・・( ̄□ ̄;)

まさかのまさかである。
重心の低い琴奨菊に対して、腰高の体勢で呆気なく寄り切られる。
取り口に何の工夫も見られない。
なんでこうも同じ轍を踏み続けるのか?
わざとやってんじゃないの?
よもや八百長ということはないだろうね?
・・・などととんでもない発想まで飛び出す始末である。

それにしても2度あることは3度ある・・・である。
同じ相手に同じ場面で同じ相撲内容で苦杯をなめ続けさせられる。
洒落にもなんにもなっていない。
冗談にしてはいい加減ネタがバレバレである。
オチにも何にもなっていない。
「いい加減期待するのはやめよう」と自分に言い聞かせ、それでもやはり期待してしまい、その都度裏切られる自分が情けなく思えて来る。
一生大関でやってなさい。
下手に横綱なんかになるよりも、強い大関で相撲人生を全うしなさい。
横綱の実力があったのになぁ・・・
運に味方されなかったね・・・
悲劇のヒーローもカッコいいよ。
もう勢稀の里に期待するのはやめよう。
期待しなければ落胆することもないんだから。

・・・でもね、勢稀の里さん。
やっぱりオレはキミのファンをやめられそうにないんだよ。
本当なら勝って全国の勢稀の里ファンに応えなきゃいけないところで負けてしまう。
それはキミがとても真面目だからなんだと思う。
なんとかファンの期待に応えたいと思い、ここ一番で緊張して本来の1/10位の力しか出せないのも、キミがとても真面目だからなんだと思う。
だからもうとやかく言うのはやめよう。
なんて言ったって悔しくて悔しくて夜も眠れないくらいに悔しいのはキミ自信なのだろうから。

だからね、稀勢の里さん、そろそろ違ったオチをつけられるように頑張ろう。
君なら絶対に出来る。
期待してますよ。
オレは一生、ついて行くからね。


ばんから池袋本店

またまたラーメンネタなのだが。
先日訪れたのは、「ばんから」池袋本店。
池袋東口、びっくりガードの道と明治通りの交差点からびっくりガード側にちょっと入った所。
実はその交差点に面したところに「無敵家」という、いつも店の前に行列が出来ているラーメン屋があるのだが、並ぶというのはいまいち面倒臭いし、特にその交差点はいつも人でごった返しているので、衆人環視の中で並ぶのも何となく気がひける。
・・・等々の理由で、4~5軒となりの店で妥協しようというのが本音である。

交差点から50メートルほど行ったところにある入口から入ったのだが、実はこちらは裏口のようで、「こちらにどうぞ!」という店員のおねえちゃんの声に従ってカウンター席の後ろをずんずん進んで行くと、自動券売機が有り、そこが表の入口のようだ。
早速券売機で券を買おうとすると、「角煮らーめんがお奨めでーす!!」とのお声が・・・・
そんなに空腹でもないので、軽くいなして「ばんから」の券を購入する。
カウンターに座り、ほどなく出てきたのがこれ。

DCIM0328.jpg

う~む・・・
かなり立派な背脂がどんぶり一面に浮いているではないか。
背脂をよけてスープをれんげに掬って飲んでみる。
見た目ほど脂っぽくはない。
麺は中太のちぢれ麺で結構コシもある。
悪くないんじゃない?
黙々と食べ進め、さすがにこの背脂をガブガブ飲み込むのはちょっと気が引けたので、背脂だけ残してスープも完飲しました!┗|*`е´*|┛

食べ終わった感想。
最近の自分の好みの味がだんだんはっきりとわかって来た気がする。
いわゆる家系風の白くドロッと濁ったとんこつスープ+魚介風味はほとんどアウトなのであるが、同じとんこつスープでも、この背脂系は意外と好きだったりするのではないか?!
と言うか、意外と好きなのでは?などと言ってるわりに、実はネットで背脂系の店を探している自分が最近居たりする事実を私は知っている・・・(;^_^A

その恐ろしい事実をはっきり確認した今、私の中で何か今後の生きる指針のようなものが、一条の光とともに差し込むのであった。

熱いスープによる汗なのか、それとも冷や汗なのか、顔から流れ出る汗をタオルで拭って店を出た。

-合掌-


長いものには巻かれろ

DCIM0329.jpg

毎朝、通る江戸川橋付近の神田川沿いの遊歩道にて。
大通りから50メートルと離れていないところでまさかこんな風景に出くわすとは ((( ;゚Д゚)))
ヘビが苦手な私は、かなりビビリながらもしばし観察、エラが張っていないことから毒蛇ではなさそうなので、ダッシュで横を通り過ぎた。ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ┏(; ̄▽ ̄)┛ヒーッ


らあめん 花月

私が通勤途中に通る江戸川橋駅の近くに、げんこつラーメンの「花月」がある。
店内改装のため、しばらく休んでいたのであるが、先日新装開店した。
何か特典でもあるかな?と欲の皮を突っ張らかして開店初日に入ってみた。

・・・と、店内は一見したところ、改装前と何ら変わった様子もない。
メニューも特に変わった様子はない。
ま、いいか。
「嵐げんこつらあめん」を注文する。

DCIM0313.jpg

実は最近、このてのラーメンが嫌いではなくなって来た。
見た目ほどはしつこくなく、結構好きだったりする。 ポッ( -_|

「次回以降お使い下さい」ということで、サービス券を貰った。

DCIM0327.jpg

これが新装開店の特典だったようだ。(;^_^A

らー麺 きん

地元に知る人ぞ知る「きん」というラーメン専門店がある。
ラーメン通には密かに人気のある店のようだ。
わざわざ電車に乗って食べに来る人もいるとのこと。
近くに住む私は度々その前を通るのだが、店内は常にお客でいっぱいで、数人外で待っている時もある。

何を隠そう数年前、私もここのラーメンを食したことがあるのだが、その時は飲み会の帰りで酔っていたこともあり、イマイチ良く味を覚えていない。
ラーメン好きな私としては、地元の人気店ということもあり、この店の前を通る度に横目で眺めつつ、しばし入るか否か逡巡するのであるが、結局通り過ぎてしまうのである。
と言うのも、その数年前に食べた時、酔っていたにも拘わらず、自分の好みの味とはちょっと路線の違う味だったように記憶しているからである。
元々私は支那そば風のあっさりした醤油ラーメンが好きなので、今風のこってりとんこつ味がちょっと苦手なのであった。数年前までは・・・。

しか~し!!┗|*`е´*|┛
ラーメン好きな私にとって、苦手なラーメンが存在するようではいかん!ということに気づき、ここ1~2年ほどは、あっちこっちのこってりとんこつ風背脂ぎっとりラーメンを食べ歩き、その筋ではいささかの修行を積んで来たという自負もあるのだ。

と言うことで、リベンジを期して再チャレンジすることと相成った。
この店、人気に胡座をかいているわけでもあるまいが、午前0時までの営業にもかかわらず、10時過ぎに通るといつも「麺売り切れ」とかでシャッターが降りている。
そんなこんなでリベンジ戦はしばし順延となっていたのであるが、先日通りかかった時はラッキーなことにまだ空いていたので、迷うことなく入店し、速やかにらー麺を注文した。
待つことしばし、出てきたのがこれ。

DCIM0293.jpg

DCIM0295.jpg   DCIM0294.jpg

店内が暗めでピンボケ気味なのが少し悲しいが、かなり濃厚なスープに太めのストレート麺、肉厚のチャーシューにたっぷりのメンマが乗っている。
味の方はと言うと・・・・

超こってり!!Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!

見た目では良く分からないが、とにかくスープがこってりというか濃厚というか、舌触りがドロッとしていて、ラーメンというよりは、麺の入った煮込みとでも言った方がぴったり来るような感じである。
おまけにこれでもかというほど魚介風味が利いていて、どうもこれは、私の求める理想のラーメン像とはかなり異な感じである。
何とか完食したが、残念ながら「美味い!!」という感覚とはほど遠かった。
お冷やを浴びるようにお代わりし、重い腹を抱え、帰宅した。
-合掌-

幻の皮むきツー

IMG_2187.jpg

去年の秋に、我が愛車「バンちゃん」の無敵を誇っていたバッテリーが遂にあがってしまい、バッテリー充電器を購入して何とかエンジンがかかるまでにはなったのだが、その後も放置プレイは続き、再び充電してまた何とかかかるようになり・・・・というのを懲りもせずに2回ほど繰り返していたのだが、とうとう遂に、バンちゃんの堪忍袋の緒が切れたらしく、この度鉄槌が下された。

私としてはおよそ2年ぶりのツーリングとなる酒飲み隊の「秘密基地ツー」を1週間後に控えた週末の土曜日、タイヤの皮むき(何を隠そう、1年前の車検の際にタイヤを新品に交換したのだが、その後1度も乗っていない)を兼ねた日帰りツーリングに出かけることにした。
前夜にエンジンがかかることを確認し、当日の朝も早めに起きてバイクのイグニッションスイッチにキーを差し込み、ONにすると元気良くエンジンがかかった。┗|*`е´*|┛

高坂SAに10時集合で人と待ち合わせているので、9時前に家を出発!
久々のツーリングということもあり、ルンルン気分で走る ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ┏(  ̄▽ ̄)┓♪
谷原の交差点まで特に問題なく来た。
赤信号で止まったので、優等生風にアイドリングストップなんかしちゃったりして ポッ( 。-_|

信号が青に変わったので、いざ出発!

・・・・・・・・・あれ??

なんと・・・・・・・・


セルが回らない!!Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!

立て続けにチャレンジするが、ウンともスンとも言わない。
後ろのクルマの列から無言のプレッシャーを感じる。
何はともあれバイクを路肩に寄せなければ・・・・
あせる気持ちでバイクから降りようとして、
「あ、サイドスタンドかけてない」
と気づいた瞬間にバイクは横倒しに・・・ il||li _| ̄|○ il||li

即座に起こそうとするが、あせっているのと満タンにしたばかりのガソリンの重さも加わり、とてもじゃないがすぐに起こせるような雰囲気ではない。
なおも孤軍奮闘していると、後ろのクルマのお兄さんが降りて来て、百万ドルの笑顔で「手伝いますよ」と言って手を貸してくださった。
なんとかバイクは起きあがり、路肩に寄せて事なきを得た。
外見の損傷はクラッチレバーの先っちょが折れたくらいで、他にはこれといった傷もつかなかったようだ。
時計を見ると9時20分。
まずは高坂で待ち合わせをしている人にお詫びの電話をする。
行きつけのバイク屋さんに電話するもなかなかつながらない。
ちょうど目の前にファミレスがあるのでそこで時間を潰すことに。

モーニングセットなど食し、待つこと2時間、やっとバイク屋さんに電話がつながり、替えのバッテリーを持って来ていただいた。
時刻は既に正午過ぎ。
その時間からツーリングに出かける気力もなく、あえなく皮むきツーは幻と消えたのであった・・・・

-後日談-
翌日はヤボ用があってツーリングには出かけられなかったのだが、このまま新品同様のタイヤでロングツーというのも不安なので、首都高を走ることにして北池袋から乗ったのであるが、環状線を回るつもりがなぜか気づけば向島線を走っておりまして・・・(;^_^A
致し方なく小菅JCTからC2号線を荒川沿いに帰ってきました。
C2ってほとんど直線なんすよね。
結局皮むきらしき皮むきは出来ずじまいなのでありました・・・トホホホ


まるい

先日、押上にある「まるい」という居酒屋に行って来た。
ここは知る人ぞ知る(て言うか超有名?)レバ刺を始めとするモツ料理の美味しい店らしい。

私のかなり年下のお友達(イケメン)が以前この近くに住んでいて、浅草から押上界隈ではかなりブイブイ言わせていたらしい。
そんな彼が、前々から「機会があったら一緒にイキましょう!」と誘ってくれていたのがこの店である。

案内されて行った店は、スカイツリーのすぐお膝元の、表通りから一本路地を入ったところにあった。
外見は普通の居酒屋さんという感じで、かなり昭和レトロな雰囲気を漂わせている。
普段は店の前に行列が出来ているのが当たり前とのことだが、この日は特にそのようなものは見当たらない。

入口の戸を開けてみると、あまり広くない店内は既に満員だ。
「仕方ない、少し待つか・・・」と思った矢先、お店の人が「2階にどうぞ」とおっしゃる。
「どうぞ」と言われても、その先は既に一般家庭の領域であるところの普通の廊下なのだが・・・(;^_^A
その廊下を通って2階に続く階段を昇るらしい。
靴を脱いで店のお兄さんについて階段を上がると、卓袱台が置かれている和室の居間に通される。
なんかとっても嬉しい気分になってきた。
2012020219150002.jpg

とりあえず生ビールで乾杯する。お通しはジャガイモの煮っ転がし。
2012020219180000.jpg

さて、ツマミの検討だ。メニューを見ると、旨そうなツマミがズラリと並んでいる。
2012020219150000.jpg   2012020219150001.jpg

イケメン氏に全権を委ね、ほどなく出て来たのが以下の料理。

2012020219270000.jpg
いわゆる”煮込み”である。味は薄味だがコクがある。

2012020219350000.jpg
本日のメイン「レバ刺の親子競演」・・・左の列が「親」,右の列が「子」だったように思われる(;^_^A

2012020219380000.jpg
思わず絶句するほどのプリプリなレバ刺!!

2012020309310001.jpg
シロ・・・と言っても皮ではなくて内蔵、おそらく胃かな?歯ごたえ抜群。

2012020222150000.jpg
本日のナビゲーター、イケメン氏。なかなか食える男だ。


と言うわけで、酒は熱燗 → ホッピーセットと進み、そろそろラストオーダーということで、至福の時も終焉を迎えた。
美味しいもので満腹になり、とても幸せな気分になった。

イケメン氏と本所吾妻橋駅の前で別れ、腹ごなしに上野まで歩いた。
ホルモンパワーのおかげか、あまり寒さは感じなかった。


びぜん亭

かねてから「旨い」という噂を聞いていたラーメン屋に行って来た。
その名も「びぜん亭」。
飯田橋駅西口から早稲田通りを九段方面に向けて5分ほど歩き、十字路を左に入ってすぐのところにある。
店の外観はノスタルジックな雰囲気で、今流行りのラーメン専門店によく見られるような派手さは無い。
それが却って”味で勝負している”といった、店主のこだわりのようなものが感じられて好感が持てる。

店内はカウンター一列のみで、5人も座ればいっぱいなほどだ。
運良く席が空いていたので座れたが、これではすぐに満席になっちゃうな。
・・・と思っていたら、2階にも客席があるらしい。
先客の常連らしき3人組はアルコールを召し上がっておられるが、私はすぐさま「支那そば」を注文した。
ほどなく出てきたのがこれ。

2012021518400000.jpg

この店、かなりの人気で、ネットでググると口コミ情報がズラリと出て来る。
その情報によれば「あっさり醤油味の支那そば」のイメージが強かったのであるが、意に反してスープは結構濃厚だ。
チャーシューもかなり煮込んであるらしく、トロトロ。
麺は細目で、それほどコシは強くない。
所謂昔ながらの中華そばといった感じである。
同じ「支那そば」を謳っている店でも、四ッ谷三丁目の「まるいち」とは一線を画している。
正直私としては、まるいちの方が好みかな。
でも噂に違わず美味しいラーメンであった。
御店主もニコニコと感じのいい方で、また行こうかな、という気にさせる店である。

2012021518470000.jpg


悩める子羊

ゴルフ歴10年にもかかわらず、未だにずっと悩み続けていることがある。

「ゴルフスイングは、腕振りが主体なのか?体の回転が主体なのか?」

一番基本のところとも言える。
ご存知のようにゴルフのスイングとは、体を捻転させながらバックスイングを行い、そこから逆に体の捻転をほどくような形でダウンスイングを行う。
この一連の動作の中で、自分が意識して行うのは「腕振りが主体なのか?体の回転が主体なのか?」ということなのである。
にもかかわらず、プロのレッスンコーチが言っていることを聞いても、それぞれ違うようだ。

私はスカパーのゴルフサイトの番組をよく見るのだが、そこに出てくるアメリカのティーチングプロは、ほとんどの人が腕の動き(振り方)をこと細かに説いている。
つまり腕の振り方をかなり重要視しているように見える。
中には「腕の振りに引っ張られて身体が回転するのが正しい」と言い切っている人もいる。
それに対して、日本のレッスン番組を見ていると、アメリカのプロほど腕振りに関して細かく言わない人も結構いるようだ。
実際、以前私が一回だけプロのレッスンを受けた時に「腕は意識して振るものですか?」と尋ねた私の問いに答えて先生曰く、「腕は振るものではなく振られるものです」ときっぱり言い切っておられた。

してみるとどちらが正解なのか?
そのどちらも練習場で試してみるのだが、ある時は腕振り主体でうまくいったり、ある時は体の回転主体でうまくいったり、またある時はどちらを意識してもうまくいかなかったりとか、どうにも一定しないのである(つまり私の運動神経に問題があるとの見方もかなり濃厚なのだが・・・)。

そんなこんなで毎週末、練習場に通っては溜息をつきながら悪戦苦闘しているのだ。


今、大相撲が面白い!

ここのところ不祥事が相次ぎ、低迷気味だった大相撲界であるが、ここに来てかなりの盛り上がりを見せ始めているように思える(あくまでも私見だが)。

その原因は、大関以下の上位陣の充実ぶりにある。
先場所は大関の把瑠都が堂々の優勝を果たした。
成績も白鵬に負けた1敗だけ。
他の大関陣も合格点の成績だった(琴奨菊は例外だったが)。

そもそも番付に叶った大関の役目というのは、どの程度の成績を残せば合格点をもらえるのであろうか。
大関昇進合格基準と言われている「直近3場所で33勝」ということから考えると、一場所あたり11勝上げれば合格ということになる。
と言うことは、十日目位までは優勝戦線について行き、終盤戦で星の潰し合いをして終わってみれば10勝~12勝といったところが妥当な成績だろうか。
横綱には負けるとして1敗、対戦する大関が4人として五分の星で2敗、関脇,小結,平幕の上位の実力者に1敗したとして11勝4敗となる。
そうやって考えてみると、いかに11勝以上するのが大変か分かる。
だから私は、大関は10勝以上すれば十分合格だと思う。
にも関わらず、「大関だからたやっぱり優勝しないとダメだ」といったような声も聞くことがあるが、横綱を押さえて優勝となれば、その時点で横綱と同等かそれ以上の力があるということだから、その考えはちょっと違うんじゃないだろうか。
そういった意味からも、今の大関陣は、十分にその役割を果たすだけの実力が備わっていると私は思う。

関脇以下の力士はどうだろうか?
鶴竜,豊ノ島,安美錦,豪栄道,豊真将といった三役~平幕上位の常連の力士が、調子の善し悪しはあるものの、だいたいいつも幕内の上位で安定した活躍ぶりを見せている。
幕内下位で大勝ちして三役に昇進し、ほとんど勝星を挙げられずにまた大きく番付を下げるといったような、いわゆるポット出三役が昔は多く見られたような気がするが、最近はあまり見かけないように思える。
それだけ上位に実力者が揃っているという証しではないだろうか。

加えて今後が楽しみな若手も多い。
栃乃若,隠岐の海,妙義龍,臥牙丸等々・・・。
栃火皇山,栃ノ心といった本来実力のある力士も、頑張って欲しい。

そしてなんと言っても特筆すべきは、それぞれの取組で熱戦が多くなって来たことだ。
これは昨年の八百長問題がいい教訓になっているからではないだろうか。
まさに雨降って地固まるといったところだ。

来場所は、「把瑠都の綱取りなるか?」というところが最大の焦点だ。
いよいよ白鵬のひとり横綱時代に終止符が打たれるか?
その可能性もかなりあるように思える。

残る大関陣にもさらなる活躍を期待したい。

今まさに大相撲が面白い!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。