FC2ブログ
「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



谷端川緑道散歩

西武池袋線の椎名町駅近く、山手通りの東側に、谷端川(やばたがわ)という川がかつて流れていたそうである。
現在は下水道の幹線となり、その上を蓋で覆った遊歩道が続いているとの事。
南は西武池袋線の線路近くの宮下橋から北は東武東上線下板橋駅前まで続いていて、その距離は2.2㎞だそうだ。
前からちょっと興味があったので、散歩がてらカメラを持って行ってみた。

西武池袋線が走る線路から20メートルほど北に、宮下橋という、かつて川があった頃に名付けられた場所に着いた。
ここが出発点となる。
行く先にはタイル貼りの、なかなかモダンな雰囲気の幅3メートルほどの遊歩道が続いている。

IMG_1170.jpg   IMG_1182.jpg


人通りはほとんど無く、静寂の中、のんびり歩いていると銭湯が現れた。
最近はマンションなどの増加によるせいか、銭湯が軒並み姿を消して、わずかに残った銭湯も近代的な設備にリニューアルして生き残りをかけているようであるが、そうした中、このような昔ながらの銭湯がまだ存在することに、ちょっと安心した気分になる。

IMG_1198.jpg   IMG_1196.jpg


左右にはいろいろな草花が植えられ、こころを和ませてくれる。
ところどころに子どもを形取ったモニュメントも置かれている。

IMG_1237.jpg   IMG_1243.jpg

IMG_1185.jpg   IMG_1223.jpg


しばらく歩くと川越街道に出た。
ここまでが「南緑道」、この先が「北緑道」となる。

IMG_1247.jpg   IMG_1248.jpg


そこから1㎞弱、10分ほど歩くと終点の下板橋駅前に着いた。
全行程2.2㎞とのことなので、一気に歩けば30分ほどの道のりだろうが、のんびりと写真を撮りながら歩いたので1時間近くかかった。
家が建ち並ぶ住宅街の中に、なかなか気の利いた散歩コースを見つけたことで、ちょっと得した気分になった。
帰りは足を延ばして買い物客で賑わう大山駅の商店街を抜けて帰った。

IMG_1257.jpg

全行程2時間近くの散歩になった。
風呂上がりのビールが美味そう。 (^o^)


雨上がりに石神井公園までサイクリング

昼になって雨があがった。
このまま家でごろごろして一日を終えるのも虚しいので、自転車で石神井公園にでも行ってみることにするか。

4~5年ほど前にオリ○ピックで買った、ここのところ放置気味でホコリを被った7段変速機付きママチャリを、一応出発前に濡れ雑巾で磨いてみたりする。
カゴにカメラバッグを載せて、いざ出発。
自宅から約9㎞の道のり。
ママチャリサイクリングにはちょうどいい距離だ。

雨はすっかりあがり、雲の隙間から薄日も射している。
新目白通りをしばらく走り、練馬区役所の手前から裏道に入る。
クルマがあまり通らない一直線の快適な道だ。

やがて石神井公園に到着。
自転車を停めて、ぶらぶらと散歩する。
気温が上がり、なおかつ雨上がりということもあってか、ヤブ蚊が凄い。(`д´;)
ちょっと足を止めて写真を撮っていると、すぐに群がってくる。
雨上がりで光った木道を、滑らないように用心して歩く。
三宝寺池を一回りして戻って来ると、3カ所位刺されてしまった。

IMG_1945.jpg   IMG_1955.jpg  


ここには、私が子供の頃から続いている茶屋がある。
以前友達と来た時は、ここでおでんをツマミに一杯やったものであるが、今日は家で夕飯が待っているので、早々に帰ることにする。

IMG_1959.jpg   IMG_1961.jpg


途中、新目白通りと環七の交差点にある交番脇で、白バイさんが出番に向けて待機していらっしゃる。
来る道すがら通った時には、まさに出番の真っ最中だった。
なかなかの仕事熱心ぶりである。
ご苦労様です!!(^ー^)

IMG_1926a.jpg   IMG_1966.jpg


最近、仲間内で本格的なロードバイクによるサイクリング(?)が流行っているようだが、私にはこの位がちょうど合っているようだ。
往復1時間半、なかなかいい汗をかきました


カルキ飛ばし

10年近く使っていた湯沸かしポットが、先日ついにご他界あそばされた。

そのポットはポンプ式?で、いちいち上蓋の真ん中辺をギュッと押さないとお湯が出ないヤツで、最近パッキンが劣化してきて、かなり力を入れてギュゥゥッと押さなければお湯が出なくなっていたのであるが、それがついにギュゥゥッでもダメになって、シュコシュコシュコシュコ連続でポンピングすること数十回、やっとコーヒーカップ一杯分のお湯を得るという、非常に困難な状態になっていた。
それがとうとう一滴のお湯も出なくなってしまった。
10年近くも使ったんだから仕方ない。
定年退職おめでとうございます、と言ったところだ。

そこで新しいポットを購入したわけであるが、それがどうもあまり良くない。
カルキ臭が抜けない。
一回沸騰させて飲んだら、それはとても飲めた代物ではなかったので、「カルキ抜き」と書かれたボタンを押してみた。
何回かシュウシュウお湯が沸騰し、5分ほど繰り返したあとで落ち着いたので、飲んでみた。

・・・・・全然臭い飛んでないんすけど(|||´・`)

頭に来て、4~5回繰り返してみたが、ほとんど効果なし。
ばっちりカルキの臭いが残っている。

使い始めて1週間ほど経ったが、そういうわけで未だにカルキ臭100%のお茶を飲んでいる私である。(ToT)

コメント

日頃拙いブログをご覧いただいて、且つコメントまでいただけるとなると、それは大変ありがたいことです。
本当に感謝致しております。

ただ、心ないコメントも毎日のように入って来る。
いったいなんなんですかね?
目的がよく分からない。

以前はこういったことは全く無かったのであるが、数ヶ月更新しないでいたらそういったコメントが毎日のように投稿されるようになった。
それからまたボチボチ更新するようになったら、気のせいかその数も減ったように感じた。
そしてここ最近、またしばらく更新しないでいたら、再び毎日のように投稿されるようになった。

う~ん・・・・
なんかウラを感じてしまうのは気のせいなのだろうか・・・・・
ここには絶対に書けないようなことがもしかしたらあるのかなぁ

とりあえずちょくちょく更新した方が無難なような気がするので、これからは日記代わりに書き込もうと思う。(本当?)

友よ

私にはかなり年下の友人がいる。

数年前までは、ある行きつけの店でよく一緒に飲んだ。
その店がとある事情で営業をやめてから、友とも縁遠くなってしまった。

いちばん最近会ったのはいつだったろう?
確か聖味に行った時だから、そんな大昔ではないな。

あの時友は、身体の一部に秘密を持っていた。
気になった僕は、なんとかその部分を見せてくれと、友に頼んだ。
友はあくまで拒絶した。
それでも僕がしつこくその部位のことに触れ続けたら、仕方なくチラッと見せてくれた。

ほんのちょっと垣間見た限りでは、そこは別段変わりないように見えた。
フツウに見えた。
・・・ように思う。

でも少し気になっている。
もう一度真実を確かめてみたい気がする。
そうすれば枕を高くして眠ることも出来よう。

とか何とか言いながら、本音を言うと、その友とまた一緒に酒を飲みたいだけだったりする。



友よ、また飲もう。

そして、
出来ればほんの少しでいいから、
見せてくれ。

追いかけて~

今週は、久々に仕事から開放される週末なので、桜を追いかけて~追いかけて~追いかけてーー雪国~とまではいかなくても、福島あたりまで行ってみようかと思っているのだが・・・・
今現在、雨が降りしきっている。
明日の午前中まで続くようだ。
なんとか晴れないかなぁ。

腰痛

去年書いた記事にこんなのがある。

「先日、会社の休み時間に、ふつうに椅子に座ってふつうの姿勢で本を読んでいたところ、突然腰に電気が走った。
ほんの1~2秒のことだったが、かなりの激痛だった。
~中略~
先日の一件は、ギックリ腰の前兆のようなものではなかろうか?などとちょっとビビッているのである。」


う~む・・・・・
どうやらこの予感は当たっていたようだ。

1ヶ月ほど前だったろうか、今度はふつうに立っていて突然腰に電気が走った。
その翌日,翌々日と、ツーリングに行ったのであるが、2日目、パーキングでバイクから降りて、綺麗に咲いている菜の花の写真を撮ろうと前屈みになった瞬間、ビリビリビリビリ・・・・と強烈な痛みが腰に走った。

しばらく息が止まったが、なんとかその場は凌いで、再びバイクに跨り、家まで帰った。
その日から、どうやら腰痛が癖になってしまったようだ。
ちょっと前屈みになってビリビリビリビリ((;゜ロ゜)、ちょっと良くなったかなぁと思ってビリビリビリビリヽ(;`ロ´)ノの繰り返しで、洗面所で顔を洗う時も、靴下を履く時も、とにかく前屈みになる時は、その、ビリビリビリの恐怖が頭をよぎるのである。

なにかいい予防法は無いものだろうか??
かなり真剣に考えている今日この頃である。

だんだん桜が遠くなる~♪

花粉もやっとその猛威を失いつつある今日この頃(あくまでも私見による)、皆様にはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日は少し、桜について考えてみたいと思う

桜はとても美しい。
それは誰しもが認めるところのものであろう。
ただし、その咲く時期に多少問題があるように思う。

花見と来れば、私にとって切っても切れない存在が「花粉症」。
花見の時期になると、その症状は最高潮に達する(あくまでも私見による)。
一昔前までは、桜が咲くと、平気で桜の木の下で宴会をやったものだが、今ではちょっと尻込みしたくなる。
花粉症そのものもつらいが、花見の場いっぱいに広げられた食べ物の上に、目には見えない花粉がまんべんなく降り積もっている図を想像するに至って、その食欲は一気に減退の一途を辿ってしまう。
これも私を花見から遠ざかせる原因のひとつなのである。

よしんば花粉のことは無かったこととして考えた場合でも、問題がある。
つまり、桜の花が咲く時期だ。
ちょっと早過ぎる。
この時期は「三寒四温」と言って、三日寒くて四日暖かいのである。
ということは、四日暖かいが、三日は寒いということなので、花見の日が運悪く寒い日にあたる可能性は3÷7=0.428・・・・
つまり、40%の確率を超すことになる。
運悪くこの40%の確率が当たってしまった場合、「夜桜を眺めながら一杯やるのもオツだね」などとのたまいながら、その実ガタガタ震えながら、熱燗などグビグビ立て続けに飲んで暖をとるのに精一杯、といったところが実際のところではないだろうか。
挙げ句の果てに、カブ飲みした日本酒のせいで帰る頃になって急に酔いを発し、這々の体で家まで辿り着いたものの、翌朝目が醒めればこの世のものとも思えぬほどの二日酔いに青息吐息・・・・などという修羅場を迎えることになりかねない。
あと二週間、桜の花が遅く咲いてくれたらこういう問題も無いのになぁ、などと切に思うところである。


話は変わるが、昨年、かなり衝動的にデジタル一眼レフカメラを購入した。
ボディ,標準レンズ,望遠レンズなど買い揃え、ツーリングに持って行ったり、首からぶら下げて近所をウロウロしたりと、一端の写真家気取りとまでは行かないが、機会があれば心に残る景色など写真に収めたいなどと思っている今日この頃なのである。
で、桜の時期となれば当然、いやが上にも撮影意欲が沸き立って来たわけであるが、ここに来てやけに仕事が立て込み、東京で満開になった土,日が仕事、じゃぁ来週は秩父まで桜撮影ツーリングだ!と奮い立つや、その週もまたしても仕事、それでも先週の中頃、テレビで上越の桜が満開との情報を得て、よし、今週末こそリベンジ、上越桜撮影&エカノクツーリングだ!!と息巻いたのであるが、またしても仕事・・・・・(ノ`´)ノ┫:・.
どんどん桜が遠ざかるのだ。
こうなったら来週は東北まで行くか!?
などと自暴自棄になりつつある今日この頃なのである。

ラジオについて

突然ではあるが、私は結構なラジオ好きである。
それは、日頃テレビを観る時間よりもラジオを聞く時間の方が多いという事実が証明してくれるだろう。
ただし、FM放送はほとんど聞かない。
特に理由は無いのだが、どことなく気取ったディスクジョッキー(今風に言えばパーソナリティ?)の喋り(今風に言えばトーク?)がイマイチ肌に合わないのである。
だから私が聞くのはいつもAM放送だ。
しかも、いわゆる中高年層向けの番組が多い。
(実際、中年真っ盛りであるからして、当たり前とも言えるのだが・・・)

例えば、夜会社から帰って、そろそろ寝る時間だな、という頃に、NHKの「ラジオ深夜便」が始まるのであるが、毎日たいていそれを聞きながら床に着く。
この番組は、モロに中高年層(というより、はっきり言ってほとんど高年層)向けの内容で、ひとりのアナウンサーが延々朝の5時まで喋り続ける。
間に本の朗読があったり、懐かしの歌謡曲が流れたりする。
なんとなくノスタルジックな世界に身を置いたような気持ちになるので、一日の終わりに適した番組と言えよう。
夜に寝床の中で聞くには、民放の賑やかな番組より、こういう方がいい。
そして知らぬ間に、眠りに落ちる。

そして休日。
私の休日は、目が醒めるとまずラジオのスイッチを入れることから始まる。
土曜日の朝、目が醒めると(前日のアルコール摂取量により、その都度起床時刻は前後するが・・・)、TBSの「中村尚登ニュースプラザ」にチャンネルを合わせる。
しばらく夢心地で聞いていると、ボーッとした頭の中の霞が徐々に取れて来る。

8時半からは永六輔の土曜ワイドが始まる。
午後1時までの長時間番組だ。
言いたい放題の永六輔の喋りが、結構痛快だったりする。

そして1時からは「久米弘 ラジオなんですけど」。
ラジオ出身の久米さんは、やはりラジオの喋りが冴えている。
大昔に聞いていた「パックインミュージック」が懐かしい。

午後3時からは「宮川賢のパカパカ行進曲」。
単純に笑える番組だ。
ただし、この時間帯は、文化放送の「伊東四朗 吉田照美親父・熱愛(パッション) 」とかぶるので、親父パッションはMDに録音し、パカパカの方を別のラジオでライブで聞く。
4時からは文化放送で、高田純次の「東京パラダイス」が始まるが、パカパカが5時までなので、だいたいそっちをそのまま聞く。

とまぁ、こんな調子で、土曜日のラジオ聴取は夕方5時をもって終了する。



日曜日は、10時から「安住紳一郎の日曜天国」が始まる。
安住氏のおとぼけトークが面白い。

12時15分からは、NHKFMの「日曜喫茶室」(あ、これFMでしたね)をずっと聞いていたのだが、今年の4月から月一の放送になってしまったらしい。
この番組は、はかま満緒の司会による、レギュラーコメンテーターとゲストを交えたトークで構成される1時間45分の番組で、なかなかお気に入りだっただけに残念である。
ただ、月一でも放送があるからまだいい。

そう・・・・・
私をもっと絶望の淵に追いやった事実がある。
それは、一番のお気に入りであったところの「伊集院光 日曜日の秘密基地」が3月いっぱいで放送を終了してしまったことだ。
まだ感受性豊かだった若かりし頃、お気に入りの連続ドラマ(例えば大原麗子主演とか、南野陽子主演とか)が、最終回を迎えた時のあの寂しさ・・・・・
あれに似ている。
10年間続いた番組だそうだが、全く飽きの来ない番組だった。
伊集院光のキレの良い、ウイットに富んだトークがとても気に入っていた。
この放送はやはり毎週MDに録音し、会社の行き帰りにMDウォークマンで聞いていた。
ひとりでニヤニヤしながら歩いている姿は、端から見ると、かなり異様な姿に写ったことだろう。
先週から新しく爆笑問題がパーソナリティを務める番組がスタートしたようだ。
なんとかお気に入りの番組になればいいんだけどね。


とまぁ、こんな感じで、私の日常はラジオ無しでは語れないのである。(ちょっとおおげさか?)

AMラジオ万歳!!!

新年度も始まり

少しは仕事もヒマになるかと思いきや・・・・・

絶好の花見日和となった昨日,今日と、休日出勤してシコシコ仕事をしていた。
バイク仲間のk氏に手伝ってもらったおかげで、なんとかメドがつきそう。(-。-;)
kさん、感謝です!!

久しぶりの更新となり、パスワードを忘れかけていて、3回目にしてようやくログイン出来た
ある程度、定期的に更新しないと、スポンサーサイトに対しても失礼なようなので、これからはもう少し真面目に更新をこころがけようと思う。

徒然なるままに日頃のことなど・・・