FC2ブログ
「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上越ツー下見ツー(後編の続編その1)

翌朝は7:30に目が醒めました。

今日は、昨日お店で「明日は日本海を見に行きたい」という私たちの要望を耳にした市川さんが、「それなら明日案内してあげるよ」とおっしゃってくれて、9:00に旅館まで迎えに来てくれることになっています。
だからさっさと朝飯を食べて、出発の準備をしなければなりません。
まだもう少し寝ていたかったのですが、気合いを入れて起き上がりました。

食堂は旅館の隣にあって、旅館のご主人が食事を出してくれます。
酒を飲んだ翌朝は、いつにも増して味噌汁が美味しいですね。
ハム付きたまご焼き、海苔、お新香などをおかずに、ごはんを一膳半食べました。

食後、お茶を飲みながら今日のルートを検討します。
天気予報によれば、西の方からだんだんと天気が下り坂になって来るとのこと。
午後には長野県でも雨が降り始めるようです。
当初の予定では、野沢から奥志賀林道を抜けて、志賀、草津と経由して帰ることになっていたのですが、そのルートだと、どうも雨に降られる可能性が高いようです。
日本列島に沿った斜めの形で、前線が移動して来るので、北西の方から次第に天気が悪くなって来そうです。
ということは、まずは東に走ればいいのか。
そして前線から十分に遠ざかったところから、一気に南下する。
どうもこのルートが一番、雨に降られる確率が低そうですね。

ということで、地図を見ながら具体的なルートを探します。
まずは柏崎まで日本海沿いを北上し、そこから東に向かって走る。
小国、只見、田島を経由して、栃木県に入り、那須塩原から東北道に乗る。
このルートがベストのようです。

・・・でも結構距離あるね
やたら分岐も多くて、国道の番号もちょくちょく変わるようだし・・・

ここは方向感覚抜群の隊長に先導をおまかせしますね!!(/。\)きゃ~

・・・というわけで、無事ルートも決まり、先導役を隊長に押しつけ、晴れて出発の準備を始めます。
荷物をまとめて、着替えを終え、バイクのところへ行くと、ちょうど市川さんが見えました。

荷物をくくり付け、市川さんの先導で出発です。
昨日ラーメンを食べた店の前を通り、そのまま北上すると、待望の日本海に出ました。
そこからは、しばらく裏道を走り、ほどなく国道8号線に合流しました。
日本海の雄大な景色を眺めながら走ります。

まもなく柏崎に着き、国道沿いの休憩所でしばし休みます。
それにしても暑いなあ・・・
昨日の気温はなんと36℃もあったそうですが、今日も負けずに暑いです。
わずか30分ほど走っただけなのに、みんなすでにバテ気味の様子です。
しばらく休んだ後、出発です。
市川さんとはここでお別れです。
どうもお世話になりました。
また来月おじゃましますね!

IMG_1193A.jpg  IMG_1194.jpg

ここで日本海とお別れし、内陸に入ります。
国道353号線、252号線、291号線、252号線と走り継ぎます。(目まぐるしい

途中、中越地震で被害を被った山古志村を通りました。
道路は既に復旧されていましたが、地震の時に出来た傷跡か、山肌が数百mにわたって深くえぐれている所がありました。
道端には、観光地でもないのに、たくさんの車が停まっていて、大勢の人が写真を撮っていました。
家に帰って、親戚や知人に見せるんでしょうかね・・・・・
地震で家や家族を失った人たちのことを考えると、胸が痛みました。

そこから少し走ると、車を停められるような路側帯がありました。
特に観光スポットというわけでもなさそうですが、ジュースの自販機も置いてあります。
謎ですね・・・(・_・?)
ちょうどいいタイミングだったので、バイクを停めて少し休憩します。
結構いい景色なので、写真など撮りました。

IMG_1196.jpg

さて、時計を見るともう昼前です。
これからの道のりを考えると、そうのんびりもしてられません。
再びバイクに跨り、先を目指します。
地図で調べたところ、少し先に道の駅があります。
そこで昼食にしましょう。


相変わらず長くなり過ぎたので、まだ続きます・・・

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけコメントを伝えます。ブログ上では公開されません。


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ste36.blog72.fc2.com/tb.php/60-5e68b1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)