「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びぜん亭

かねてから「旨い」という噂を聞いていたラーメン屋に行って来た。
その名も「びぜん亭」。
飯田橋駅西口から早稲田通りを九段方面に向けて5分ほど歩き、十字路を左に入ってすぐのところにある。
店の外観はノスタルジックな雰囲気で、今流行りのラーメン専門店によく見られるような派手さは無い。
それが却って”味で勝負している”といった、店主のこだわりのようなものが感じられて好感が持てる。

店内はカウンター一列のみで、5人も座ればいっぱいなほどだ。
運良く席が空いていたので座れたが、これではすぐに満席になっちゃうな。
・・・と思っていたら、2階にも客席があるらしい。
先客の常連らしき3人組はアルコールを召し上がっておられるが、私はすぐさま「支那そば」を注文した。
ほどなく出てきたのがこれ。

2012021518400000.jpg

この店、かなりの人気で、ネットでググると口コミ情報がズラリと出て来る。
その情報によれば「あっさり醤油味の支那そば」のイメージが強かったのであるが、意に反してスープは結構濃厚だ。
チャーシューもかなり煮込んであるらしく、トロトロ。
麺は細目で、それほどコシは強くない。
所謂昔ながらの中華そばといった感じである。
同じ「支那そば」を謳っている店でも、四ッ谷三丁目の「まるいち」とは一線を画している。
正直私としては、まるいちの方が好みかな。
でも噂に違わず美味しいラーメンであった。
御店主もニコニコと感じのいい方で、また行こうかな、という気にさせる店である。

2012021518470000.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけコメントを伝えます。ブログ上では公開されません。


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ste36.blog72.fc2.com/tb.php/223-cb53ee22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。