FC2ブログ
「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩める子羊

ゴルフ歴10年にもかかわらず、未だにずっと悩み続けていることがある。

「ゴルフスイングは、腕振りが主体なのか?体の回転が主体なのか?」

一番基本のところとも言える。
ご存知のようにゴルフのスイングとは、体を捻転させながらバックスイングを行い、そこから逆に体の捻転をほどくような形でダウンスイングを行う。
この一連の動作の中で、自分が意識して行うのは「腕振りが主体なのか?体の回転が主体なのか?」ということなのである。
にもかかわらず、プロのレッスンコーチが言っていることを聞いても、それぞれ違うようだ。

私はスカパーのゴルフサイトの番組をよく見るのだが、そこに出てくるアメリカのティーチングプロは、ほとんどの人が腕の動き(振り方)をこと細かに説いている。
つまり腕の振り方をかなり重要視しているように見える。
中には「腕の振りに引っ張られて身体が回転するのが正しい」と言い切っている人もいる。
それに対して、日本のレッスン番組を見ていると、アメリカのプロほど腕振りに関して細かく言わない人も結構いるようだ。
実際、以前私が一回だけプロのレッスンを受けた時に「腕は意識して振るものですか?」と尋ねた私の問いに答えて先生曰く、「腕は振るものではなく振られるものです」ときっぱり言い切っておられた。

してみるとどちらが正解なのか?
そのどちらも練習場で試してみるのだが、ある時は腕振り主体でうまくいったり、ある時は体の回転主体でうまくいったり、またある時はどちらを意識してもうまくいかなかったりとか、どうにも一定しないのである(つまり私の運動神経に問題があるとの見方もかなり濃厚なのだが・・・)。

そんなこんなで毎週末、練習場に通っては溜息をつきながら悪戦苦闘しているのだ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけコメントを伝えます。ブログ上では公開されません。


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ste36.blog72.fc2.com/tb.php/222-3f956540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。