FC2ブログ
「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚骨系ラーメンに対する考察

以前は敬遠していた豚骨系ラーメンに、実は秘かにハマリつつある今日この頃だったりする。
行列の出来るラーメン店は、往々にして脂ギットリ背脂チャッチャ系のラーメンを喰わせる店が多いという偏見が私の中に今までずっと有って、そういう店は極力避けて通って来たのであるが、何がどうなったのか、最近ではネットでググったりして、敢えてそういった類の店を探したりしている。

で、私なりに研究を続けた結果、ひとくちに豚骨系と言っても、何種類かあることが分かった。
① いわゆる家系と言われるラーメン、これは濃厚な豚骨スープがベースとなっており、麺はかなり太めのストレート麺が多い。
② ①と同じく濃厚な豚骨スープであるが、それに加えてかなり強烈に魚介の香りが全面に出ているタイプ。麺はやはり太い。
③ 魚介系の香りは全く無く、怒濤の如く背脂がスープ表面に浮いているタイプ。麺は太い。
④ いわゆる九州ラーメン。白湯スープは見た目よりあっさりしており、麺もストレートの細麺ないし中太麺。店によっては太麺のところも有る。

・・・・・と、おおまかにこんな感じだろうか。
つまり④を除いて、共通点はどれもスープの味は濃厚、麺が太い。
で、私の場合、数少ない経験から意見を述べさせていただくと、
① はまぁいいんじゃないだろうか。食べてみると、見た目ほど脂ギットリでは無い場合が多く、後口もそれほど尾を引かないし。
② これは私はダメ。日本そばの出汁が鰹風味たっぷりなのはおおいに歓迎だが、ラーメンのスープはあまり魚介の匂いがしない方がいい。
③ やっぱり脂っこさではこれが一番では?スープ表面に浮いた脂の効力によって熱が逃げず、アツアツで食べられるのが嬉しい。
④ もともと九州ラーメンはあまり好みではない。はっきり言って関心無し。

先日の午後、外出した折りに千駄ヶ谷のホープ軒に行った(むろん昼食は普通に食べたのであるが・・・)。
ご存知の方も多いと思うが、ここは典型的な背脂たっぷりの脂ギトギト系のラーメンを食べさせる店だ。
昔環七沿いにあった土佐っ子に似た感じ。
・・・しかし。
食べて見ると見た目ほど脂っこくもない。
スープも結構飲んでしまった(;^_^A
豚骨臭さもほとんど無く、抵抗無く食べられた。
つか旨かった。
結構クセになりそうなのが怖い。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そして、その日は会社の同僚と呑んだのであるが、なんと、終電間際の帰り道に地元の駅近くにあるラーメン屋に入ってしまった。
その店は結構人気で、外で待っている人がいることもある。
さて、どんなお味かな?試して見よう。
既に満腹のはずがなぜか食欲があるのが怖い。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

・・・さて、気になるお味は。
なんと!そこのラーメンが②のタイプだったのだ。(ノ`´)ノ┫:・.
これでもか!というほど鰹の匂いがプンプン。
それこそ親の敵といった感じ。
いくら何でもこれはちょっとやり過ぎなのでは^^;
それとも今はこういう味が受けるんだろうか?
いずれにしても私の場合、リピートは無さそうだな・・・

一日のカロリー摂取量超過多に対する後悔の念と、最後に期待を裏切られた失望感に包まれ、肩を落とし帰路に就いたのであった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけコメントを伝えます。ブログ上では公開されません。


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ste36.blog72.fc2.com/tb.php/195-c2fbd42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。