「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばんから池袋本店

またまたラーメンネタなのだが。
先日訪れたのは、「ばんから」池袋本店。
池袋東口、びっくりガードの道と明治通りの交差点からびっくりガード側にちょっと入った所。
実はその交差点に面したところに「無敵家」という、いつも店の前に行列が出来ているラーメン屋があるのだが、並ぶというのはいまいち面倒臭いし、特にその交差点はいつも人でごった返しているので、衆人環視の中で並ぶのも何となく気がひける。
・・・等々の理由で、4~5軒となりの店で妥協しようというのが本音である。

交差点から50メートルほど行ったところにある入口から入ったのだが、実はこちらは裏口のようで、「こちらにどうぞ!」という店員のおねえちゃんの声に従ってカウンター席の後ろをずんずん進んで行くと、自動券売機が有り、そこが表の入口のようだ。
早速券売機で券を買おうとすると、「角煮らーめんがお奨めでーす!!」とのお声が・・・・
そんなに空腹でもないので、軽くいなして「ばんから」の券を購入する。
カウンターに座り、ほどなく出てきたのがこれ。

DCIM0328.jpg

う~む・・・
かなり立派な背脂がどんぶり一面に浮いているではないか。
背脂をよけてスープをれんげに掬って飲んでみる。
見た目ほど脂っぽくはない。
麺は中太のちぢれ麺で結構コシもある。
悪くないんじゃない?
黙々と食べ進め、さすがにこの背脂をガブガブ飲み込むのはちょっと気が引けたので、背脂だけ残してスープも完飲しました!┗|*`е´*|┛

食べ終わった感想。
最近の自分の好みの味がだんだんはっきりとわかって来た気がする。
いわゆる家系風の白くドロッと濁ったとんこつスープ+魚介風味はほとんどアウトなのであるが、同じとんこつスープでも、この背脂系は意外と好きだったりするのではないか?!
と言うか、意外と好きなのでは?などと言ってるわりに、実はネットで背脂系の店を探している自分が最近居たりする事実を私は知っている・・・(;^_^A

その恐ろしい事実をはっきり確認した今、私の中で何か今後の生きる指針のようなものが、一条の光とともに差し込むのであった。

熱いスープによる汗なのか、それとも冷や汗なのか、顔から流れ出る汗をタオルで拭って店を出た。

-合掌-


スポンサーサイト
長いものには巻かれろ

DCIM0329.jpg

毎朝、通る江戸川橋付近の神田川沿いの遊歩道にて。
大通りから50メートルと離れていないところでまさかこんな風景に出くわすとは ((( ;゚Д゚)))
ヘビが苦手な私は、かなりビビリながらもしばし観察、エラが張っていないことから毒蛇ではなさそうなので、ダッシュで横を通り過ぎた。ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ┏(; ̄▽ ̄)┛ヒーッ


らあめん 花月

私が通勤途中に通る江戸川橋駅の近くに、げんこつラーメンの「花月」がある。
店内改装のため、しばらく休んでいたのであるが、先日新装開店した。
何か特典でもあるかな?と欲の皮を突っ張らかして開店初日に入ってみた。

・・・と、店内は一見したところ、改装前と何ら変わった様子もない。
メニューも特に変わった様子はない。
ま、いいか。
「嵐げんこつらあめん」を注文する。

DCIM0313.jpg

実は最近、このてのラーメンが嫌いではなくなって来た。
見た目ほどはしつこくなく、結構好きだったりする。 ポッ( -_|

「次回以降お使い下さい」ということで、サービス券を貰った。

DCIM0327.jpg

これが新装開店の特典だったようだ。(;^_^A

らー麺 きん

地元に知る人ぞ知る「きん」というラーメン専門店がある。
ラーメン通には密かに人気のある店のようだ。
わざわざ電車に乗って食べに来る人もいるとのこと。
近くに住む私は度々その前を通るのだが、店内は常にお客でいっぱいで、数人外で待っている時もある。

何を隠そう数年前、私もここのラーメンを食したことがあるのだが、その時は飲み会の帰りで酔っていたこともあり、イマイチ良く味を覚えていない。
ラーメン好きな私としては、地元の人気店ということもあり、この店の前を通る度に横目で眺めつつ、しばし入るか否か逡巡するのであるが、結局通り過ぎてしまうのである。
と言うのも、その数年前に食べた時、酔っていたにも拘わらず、自分の好みの味とはちょっと路線の違う味だったように記憶しているからである。
元々私は支那そば風のあっさりした醤油ラーメンが好きなので、今風のこってりとんこつ味がちょっと苦手なのであった。数年前までは・・・。

しか~し!!┗|*`е´*|┛
ラーメン好きな私にとって、苦手なラーメンが存在するようではいかん!ということに気づき、ここ1~2年ほどは、あっちこっちのこってりとんこつ風背脂ぎっとりラーメンを食べ歩き、その筋ではいささかの修行を積んで来たという自負もあるのだ。

と言うことで、リベンジを期して再チャレンジすることと相成った。
この店、人気に胡座をかいているわけでもあるまいが、午前0時までの営業にもかかわらず、10時過ぎに通るといつも「麺売り切れ」とかでシャッターが降りている。
そんなこんなでリベンジ戦はしばし順延となっていたのであるが、先日通りかかった時はラッキーなことにまだ空いていたので、迷うことなく入店し、速やかにらー麺を注文した。
待つことしばし、出てきたのがこれ。

DCIM0293.jpg

DCIM0295.jpg   DCIM0294.jpg

店内が暗めでピンボケ気味なのが少し悲しいが、かなり濃厚なスープに太めのストレート麺、肉厚のチャーシューにたっぷりのメンマが乗っている。
味の方はと言うと・・・・

超こってり!!Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!

見た目では良く分からないが、とにかくスープがこってりというか濃厚というか、舌触りがドロッとしていて、ラーメンというよりは、麺の入った煮込みとでも言った方がぴったり来るような感じである。
おまけにこれでもかというほど魚介風味が利いていて、どうもこれは、私の求める理想のラーメン像とはかなり異な感じである。
何とか完食したが、残念ながら「美味い!!」という感覚とはほど遠かった。
お冷やを浴びるようにお代わりし、重い腹を抱え、帰宅した。
-合掌-





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。