「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるい

先日、押上にある「まるい」という居酒屋に行って来た。
ここは知る人ぞ知る(て言うか超有名?)レバ刺を始めとするモツ料理の美味しい店らしい。

私のかなり年下のお友達(イケメン)が以前この近くに住んでいて、浅草から押上界隈ではかなりブイブイ言わせていたらしい。
そんな彼が、前々から「機会があったら一緒にイキましょう!」と誘ってくれていたのがこの店である。

案内されて行った店は、スカイツリーのすぐお膝元の、表通りから一本路地を入ったところにあった。
外見は普通の居酒屋さんという感じで、かなり昭和レトロな雰囲気を漂わせている。
普段は店の前に行列が出来ているのが当たり前とのことだが、この日は特にそのようなものは見当たらない。

入口の戸を開けてみると、あまり広くない店内は既に満員だ。
「仕方ない、少し待つか・・・」と思った矢先、お店の人が「2階にどうぞ」とおっしゃる。
「どうぞ」と言われても、その先は既に一般家庭の領域であるところの普通の廊下なのだが・・・(;^_^A
その廊下を通って2階に続く階段を昇るらしい。
靴を脱いで店のお兄さんについて階段を上がると、卓袱台が置かれている和室の居間に通される。
なんかとっても嬉しい気分になってきた。
2012020219150002.jpg

とりあえず生ビールで乾杯する。お通しはジャガイモの煮っ転がし。
2012020219180000.jpg

さて、ツマミの検討だ。メニューを見ると、旨そうなツマミがズラリと並んでいる。
2012020219150000.jpg   2012020219150001.jpg

イケメン氏に全権を委ね、ほどなく出て来たのが以下の料理。

2012020219270000.jpg
いわゆる”煮込み”である。味は薄味だがコクがある。

2012020219350000.jpg
本日のメイン「レバ刺の親子競演」・・・左の列が「親」,右の列が「子」だったように思われる(;^_^A

2012020219380000.jpg
思わず絶句するほどのプリプリなレバ刺!!

2012020309310001.jpg
シロ・・・と言っても皮ではなくて内蔵、おそらく胃かな?歯ごたえ抜群。

2012020222150000.jpg
本日のナビゲーター、イケメン氏。なかなか食える男だ。


と言うわけで、酒は熱燗 → ホッピーセットと進み、そろそろラストオーダーということで、至福の時も終焉を迎えた。
美味しいもので満腹になり、とても幸せな気分になった。

イケメン氏と本所吾妻橋駅の前で別れ、腹ごなしに上野まで歩いた。
ホルモンパワーのおかげか、あまり寒さは感じなかった。


スポンサーサイト
びぜん亭

かねてから「旨い」という噂を聞いていたラーメン屋に行って来た。
その名も「びぜん亭」。
飯田橋駅西口から早稲田通りを九段方面に向けて5分ほど歩き、十字路を左に入ってすぐのところにある。
店の外観はノスタルジックな雰囲気で、今流行りのラーメン専門店によく見られるような派手さは無い。
それが却って”味で勝負している”といった、店主のこだわりのようなものが感じられて好感が持てる。

店内はカウンター一列のみで、5人も座ればいっぱいなほどだ。
運良く席が空いていたので座れたが、これではすぐに満席になっちゃうな。
・・・と思っていたら、2階にも客席があるらしい。
先客の常連らしき3人組はアルコールを召し上がっておられるが、私はすぐさま「支那そば」を注文した。
ほどなく出てきたのがこれ。

2012021518400000.jpg

この店、かなりの人気で、ネットでググると口コミ情報がズラリと出て来る。
その情報によれば「あっさり醤油味の支那そば」のイメージが強かったのであるが、意に反してスープは結構濃厚だ。
チャーシューもかなり煮込んであるらしく、トロトロ。
麺は細目で、それほどコシは強くない。
所謂昔ながらの中華そばといった感じである。
同じ「支那そば」を謳っている店でも、四ッ谷三丁目の「まるいち」とは一線を画している。
正直私としては、まるいちの方が好みかな。
でも噂に違わず美味しいラーメンであった。
御店主もニコニコと感じのいい方で、また行こうかな、という気にさせる店である。

2012021518470000.jpg


悩める子羊

ゴルフ歴10年にもかかわらず、未だにずっと悩み続けていることがある。

「ゴルフスイングは、腕振りが主体なのか?体の回転が主体なのか?」

一番基本のところとも言える。
ご存知のようにゴルフのスイングとは、体を捻転させながらバックスイングを行い、そこから逆に体の捻転をほどくような形でダウンスイングを行う。
この一連の動作の中で、自分が意識して行うのは「腕振りが主体なのか?体の回転が主体なのか?」ということなのである。
にもかかわらず、プロのレッスンコーチが言っていることを聞いても、それぞれ違うようだ。

私はスカパーのゴルフサイトの番組をよく見るのだが、そこに出てくるアメリカのティーチングプロは、ほとんどの人が腕の動き(振り方)をこと細かに説いている。
つまり腕の振り方をかなり重要視しているように見える。
中には「腕の振りに引っ張られて身体が回転するのが正しい」と言い切っている人もいる。
それに対して、日本のレッスン番組を見ていると、アメリカのプロほど腕振りに関して細かく言わない人も結構いるようだ。
実際、以前私が一回だけプロのレッスンを受けた時に「腕は意識して振るものですか?」と尋ねた私の問いに答えて先生曰く、「腕は振るものではなく振られるものです」ときっぱり言い切っておられた。

してみるとどちらが正解なのか?
そのどちらも練習場で試してみるのだが、ある時は腕振り主体でうまくいったり、ある時は体の回転主体でうまくいったり、またある時はどちらを意識してもうまくいかなかったりとか、どうにも一定しないのである(つまり私の運動神経に問題があるとの見方もかなり濃厚なのだが・・・)。

そんなこんなで毎週末、練習場に通っては溜息をつきながら悪戦苦闘しているのだ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。