「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010GWツーリング(3)

4月30日(金)
さとみの里でカレーライスを食べながら、今後のルートを検討する。
今年は春の訪れが例年より遅いので、この辺りはちょうど桜が見頃かも知れない。
14年前に福島を訪れたときは、ちょうど桜が満開で、鶴ヶ城の見事な桜並木に感動したものだ。
その年はたまたま寒かったようで、それ以降は何度来ても桜のサの字も見当たらなかった。
しかし今年はまだ寒いからもしかすると…?
とりあえず鶴ヶ城に向かい、時間に余裕があったら猪苗代湖畔を流すか…
ザッとそのように決めて、道の駅を出発した。

349号線をしばらく北上し、118号線を経由して289号線に入り、西へ向かう。
白河の町が近づくに連れ、「白河ラーメン」の看板を掲げた店が目に付くようになった。
そう言えば、去年会津の民宿の女将さんから、白河のラーメンが名物である旨を聞いた。
しまった!もう少し昼飯を我慢すればよかった・・・と今更後悔しても後の祭りだ。┐(‘~`;)┌

白河駅の辺りでちょっと行ったり来たりし(地方によってはこれをUターンと呼ぶ風習もある)、なんとか県道37号線に入った。
ここから羽鳥湖に向かう。
と、上空からパラパラッと水滴が落ちて来た。
上を見上げると、前方に灰色の雲が広がっている。
カッパを着るほどではないのだが、なかなかやむ気配もない。
が、面倒くさいのでそのまま走り続ける。

少しずつ標高が上がってくるに従って、だんだん寒くなってきた。
羽鳥湖に着く頃には身体が凍結寸前。 ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
予定では湖畔にてマッタリするはずだったのだが、こう寒くてはマッタリしているうちに凍死してしまいそうなので、速やかにスルー。
118号線に出て西へ向かった。
その方向には湯野上温泉がある。

そう、何を隠そう本日の宿は泣く子も黙る「赤ひげ」なのだ。
もう鶴ヶ城はどうでもいい。
今は桜よりも温泉だ。
既に私の頭の中には「風呂」の二文字しか無い。

標高は下がったが山あいの道が続き、相変わらずの曇り空で気温も上がらない。
ガタガタ震えながら走ること30分(実感では3時間)ほどで121号線に出た。
そこを左折するとすぐに湯野上温泉駅が見えた!\(*´▽`*)/
赤ひげに到着し、玄関に駆け込み「ごめんくだせぇ!!」と大声で呼ぶと、「あ~どうもどうも~~」と御主人がお出迎えになられた。

ご挨拶も早々に、風呂に入らせていただく。
「う~~~」だの「あ~~~」だの唸り声をあげながら熱い風呂に浸かる。
至福の時だ。
凍えて固まっていた血液が、全身に流れ始める。
30分ほども湯に浸かってやっと蘇生した。
風呂から出て時計を見ると、まだ4時過ぎだ。
でもこれから走る気など毛頭無い。
風呂で温まった身体が執拗に水分を欲しがっている。
仕方ない。
少し早いが始めるか・・・・
初日から予定が挫折したが、母屋に向かう私の足取りは軽快だったε=ε=ε=ε=┏(  ̄▽ ̄)┛♪♪

次回に続く

スポンサーサイト
2010GWツーリング(2)

4月30日(金)
いよいよ出発の朝だ。
バイクを車庫から道路に出し、荷物を積載する。
年に1~2回のことだが、ロングツーリングの場合は、リヤシートにまず振り分けバッグを装着し、その上にキャンピングシートバッグなるものをくくりつける。
このバッグがとにかくデカい。
ひとつ下のサイズでもいいかとも思ったが、大は小を兼ねる的なノリで一番大きいのを購入した。
だから今更文句を言っても仕方ないのだが、とにかくデカいので、持ち上げるのも一苦労だ(トシを摂ると腰が怖いんだよね・・・)(;´д`)
例年に違わず、荷物満載の状態となる。
これからこのバイクをずっと運転するのかと思うと、毎度の事ながら不安を感じざるを得ない。
((( ;゚Д゚)))

初日は北に向かうというのが、GWツーリングの場合、なぜか慣例化している。(去年は珍しく西に向かい琵琶湖畔のキャンプ場に泊まった。ここ15年で初めてのことだ。)
で、今年もその例に漏れず、北に向かう。
ただいつもと違うのは、高速に乗らずに下で行こうというところ。

まずは山手通りから環七に入り、6号線を目指す。
今日は平日なので、出勤の車が多いようだ。
それでも渋滞というほど混んではなく、結構順調に流れている。
6号線に入り、ひたすら北に向かう。
ところどころ交差点の信号の関係で渋滞している。
IMG_3910.jpg
でも旅は始まったばかり、気分は上々なのでたいして気にならない。
柏を抜けてしばらく行った辺りから、順調に流れ始めた。

ところで家を出た直後から感じていたのだが、やはり今年は例年より少し寒いようだ。
いつも通り長袖のTシャツの上に革ジャンという出で立ちなのだが、少しスースーする。
冬用のインナーを着てくれば良かったかなぁ、などと思ったが、既にあとの祭りだ。
でもだんだん陽が高くなって来たせいか、走っている内に徐々に暖かくなって来た。
なんとか行けそうだ。
いざとなれば究極の防寒着、カッパがあるさ!

そうこうしている内に、水戸市に突入。
ここからは6号線に別れを告げ、国道349号線を北上する。

しばらく走ると、「玉簾の滝」の看板があった。
茨城と言えば袋田の滝があまりにも有名だが、この滝はどんな滝なのだろうか?
気になるところなのだが、ここまで下道で来たので、結構時間も押して来ている。
仕方なくそのまま直進。
ほどなく「道の駅さとみ」の看板が現れた。
時計を見ると、既に1時近い。
朝食を摂っていないので、腹も減っている。
ということで、ここで休憩することにした。
IMG_3914.jpg
レストランの入口で品書きを捜す。
私の場合、昼食は80~90%麺類と相場が決まっている。
特に道の駅や高速のパーキングのあっさり醤油ラーメンがとてもお気に入りな私の場合、醤油ラーメンの有無の確認は決して怠ることが出来ないのだ。
・・・・が、どこを見ても品書きのようなものは見当たらない。(゜-゜;=;゜-゜)
と、「メニューはテーブルに置いてありますので、それをご覧くださ~い」との甲高い女性のお声が。
その声に促されるように、多少の不安を引きずりながら店内に入った。
空いてる席に座れと言うので、隅っこの窓際の席に座り、テーブルの上に置いてあるメニューを見る。

・・・・・・・・・・・無い!!!(ノ ` ´)ノ┫:・.

そこにはラーメンの文字は無かった・・・・・orz
なんで入口にメニューを表示しない!
これではまるで詐欺ではないか!!
・・・などと訳の分からないことを言ってみても仕方ないので、代替品で妥協することにした。
そばやうどんもあるが、なんだか如何にも妥協したみたいでそれもシャクに障るので、180度方向転換してカレーライスを注文した。(おおげさな・・・)
飯を喰いながら、これからのルートを検討する。
時刻は既に1時を回っている。
ちょっと急がなきゃな・・・・

次回につづく





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。