「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京-秩父 9時間耐久レース

雨が降ってばかりの変な天気が続いていたが、やっとここに来て夏らしい暑さが戻って来た今日この頃、皆さんはいかが過お過ごしだろうか?
私は14日の日に、Kei-1氏と秩父まで日帰りツーリングに行って来た。
ゴールデンウィーク以来の3ヶ月ぶりのツーリングである。

ツーリングの前夜に、会社のヤツと「盆休み突入祝い」と称して、会社のすぐ近くにある立ち飲み屋にて冷や酒を嗜むという暴挙にでた私であったが、お互い3合飲んだだけできっちり引き上げるという快挙を成し遂げたおかげで、早めに起床したにも係わらず酒は残っていないようだ。
ただし、夜中に一回トイレに起きてからなかなか寝付かれず、睡眠不足の感は否めない。

「8時三芳PAに集合」の約束通り、7時57分に到着する。
当然のことながら、Kei-1氏は既に来ていた。
毎度すみません・・・

朝飯を食おうということになった。
ツーリングの前夜に、飲んだ後にラーメン屋でラーメン炒飯セットなるものをたいらげただけでは飽きたらず、そのあとチェーンのカレー専門店でビーフカレーを食すという前代未聞の暴挙にでた私であったので、当然の事ながら腹はまだズシリと重い。
が、パーキングで食べる麺類は存外嫌いではない私にとって、朝食のお誘いは抗しがたい誘惑であった。
なので断るべくもなく、月見そばなどを食す。
味はごく普通。
でも、冷房が効いた食堂で最後まで汁を飲み干し、それなりの充実感を得る。
あとは道中、トイレの心配が残るのみ・・・・(;^_^A

食事を終えて走り始める。
川越で早々に関越を降り、川越日高線に入る。
R299を経て、秩父に向かう。
最初の予定では、東吾野あたりから奥武蔵連山に上がり、奥武蔵グリーンラインを走るつもりだったが、その頃からトイレに行きたくなるような予感がひしひしと押し寄せて来たので、そのままR299を走り、芦ヶ久保の道の駅に立ち寄った。
そこで30分ほど休憩し、再びバイクに跨る。
体重が軽くなった分、足着きが少し悪くなったようだが、事が成就し、身も心も軽くなった今の私にとって、そんなことは取るに足らぬことだ。

本日のメインエベントは、ここから15分ほど走ったところにある、例の珍達そばだったりするのだが、時計の針は10時を回ったばかりなので、当然未だ店はやってない。
と言うより、さっき朝食を摂ったばかりなので、当然未だ腹は減ってない。
ここはどこかで時間を潰さねば、ということになったのであるが、さてどうする?
河原に降りて足を水につけたいというKei-1氏の提案もあったが、このへんの河原はすべて近くの民家が有料で開放しているようなので、金払ってまではね、ということになり、じゃぁ似たようなノリで足湯はどうよ?と振ってみるが、速攻でNGとのお答えが返って来る。
このクソ暑い炎天下では、確かに足湯に魅力は感じないよね。
ジョークですよ、ジョーク。

というわけで、悩んだ挙げ句、つい先日ニュースにも出ていた、上野村にある「慰霊の園」に行ってみることになった。
ここは24年前の日航機墜落事故で亡くなった方々の霊が祀られているところである。
事故当時に一度訪れたことがあるが、あれから20数年が経過した。
月日の経つのは早いものだ。
線香をあげて冥福をお祈りした。

ここから来た道を引き返し、珍達そばへ向かう。
お盆の時期なのでやっているかどうか不安だったが、店の前に着くと、無事営業している。
店の前にバイクを停め、いざ突入だっ!!o `o´)○☆
店内には結構先客が居て、座敷席やテーブル席はほぼ埋まっている。
我々はカウンターの端っこに座った。
ほどなく珍達そば(醤油味)が出てきた。
カウンターの上の調味料入れにある辛みそを入れ、味にインパクトを加える。
にんにくが効いているので、夏バテ防止には打ってつけだ!
スープもほぼ完飲し、しばし呆然とする。
充分に涼んでから外に出た。

汗かいて満腹になったら、その途端に速攻で帰ってシャワー浴びてビールを飲みたくなったので、花園から関越に乗ってさっさと帰ろう、ということになった。
行きに走れなかった奥武蔵グリーンラインを通って帰ろうと、ラーメン食べる前には思っていたのだが、そんな気は微塵も無くなっている。

花園ICに向けてひたすら140号線沿いを走った。
途中何カ所か渋滞したが、30分ほどで片側2車線になり、流れるようになった。
・・・・が、花園に近づくにつれて異常なほどの暑さに見舞われ、あたかも昔懐かしのダルマストーブにあたりながら走っているかのような錯覚に陥り、これはもう「暑い」ではなくて「熱い」が正解というレベルにまで達し、危うく意識を失いそうになった。
なんとか花園ICに辿り着き、最初の嵐山PAで水分補給する。
500㎜Lのお茶があっというまに空になった。
それにしても暑いなぁ。
この辺に来ていちだんと暑くなったなぁ、このあたりってなんでこんなに暑いの??というわけで地図を見たら・・・・・花園ICのすぐ横に熊谷の文字を発見!(汗)
熊谷って、ニュースとかで気温の最高記録を樹立したとかしないとか、とかく話題になるところだよね(大汗)
どうりで暑いわけだil||li _| ̄|○ il||li

そこから再び関越を走って、東京に近づくにつれ、どんどん気温が下がっていくのが体感出来た。
午後4時半、無事帰宅。
7時過ぎに家を出てからおよそ9時間、「暑い暑い」の連続だった。
やっぱツーリングはしばらくやめとこう。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。