「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷端川緑道散歩

西武池袋線の椎名町駅近く、山手通りの東側に、谷端川(やばたがわ)という川がかつて流れていたそうである。
現在は下水道の幹線となり、その上を蓋で覆った遊歩道が続いているとの事。
南は西武池袋線の線路近くの宮下橋から北は東武東上線下板橋駅前まで続いていて、その距離は2.2㎞だそうだ。
前からちょっと興味があったので、散歩がてらカメラを持って行ってみた。

西武池袋線が走る線路から20メートルほど北に、宮下橋という、かつて川があった頃に名付けられた場所に着いた。
ここが出発点となる。
行く先にはタイル貼りの、なかなかモダンな雰囲気の幅3メートルほどの遊歩道が続いている。

IMG_1170.jpg   IMG_1182.jpg


人通りはほとんど無く、静寂の中、のんびり歩いていると銭湯が現れた。
最近はマンションなどの増加によるせいか、銭湯が軒並み姿を消して、わずかに残った銭湯も近代的な設備にリニューアルして生き残りをかけているようであるが、そうした中、このような昔ながらの銭湯がまだ存在することに、ちょっと安心した気分になる。

IMG_1198.jpg   IMG_1196.jpg


左右にはいろいろな草花が植えられ、こころを和ませてくれる。
ところどころに子どもを形取ったモニュメントも置かれている。

IMG_1237.jpg   IMG_1243.jpg

IMG_1185.jpg   IMG_1223.jpg


しばらく歩くと川越街道に出た。
ここまでが「南緑道」、この先が「北緑道」となる。

IMG_1247.jpg   IMG_1248.jpg


そこから1㎞弱、10分ほど歩くと終点の下板橋駅前に着いた。
全行程2.2㎞とのことなので、一気に歩けば30分ほどの道のりだろうが、のんびりと写真を撮りながら歩いたので1時間近くかかった。
家が建ち並ぶ住宅街の中に、なかなか気の利いた散歩コースを見つけたことで、ちょっと得した気分になった。
帰りは足を延ばして買い物客で賑わう大山駅の商店街を抜けて帰った。

IMG_1257.jpg

全行程2時間近くの散歩になった。
風呂上がりのビールが美味そう。 (^o^)


スポンサーサイト
雨上がりに石神井公園までサイクリング

昼になって雨があがった。
このまま家でごろごろして一日を終えるのも虚しいので、自転車で石神井公園にでも行ってみることにするか。

4~5年ほど前にオリ○ピックで買った、ここのところ放置気味でホコリを被った7段変速機付きママチャリを、一応出発前に濡れ雑巾で磨いてみたりする。
カゴにカメラバッグを載せて、いざ出発。
自宅から約9㎞の道のり。
ママチャリサイクリングにはちょうどいい距離だ。

雨はすっかりあがり、雲の隙間から薄日も射している。
新目白通りをしばらく走り、練馬区役所の手前から裏道に入る。
クルマがあまり通らない一直線の快適な道だ。

やがて石神井公園に到着。
自転車を停めて、ぶらぶらと散歩する。
気温が上がり、なおかつ雨上がりということもあってか、ヤブ蚊が凄い。(`д´;)
ちょっと足を止めて写真を撮っていると、すぐに群がってくる。
雨上がりで光った木道を、滑らないように用心して歩く。
三宝寺池を一回りして戻って来ると、3カ所位刺されてしまった。

IMG_1945.jpg   IMG_1955.jpg  


ここには、私が子供の頃から続いている茶屋がある。
以前友達と来た時は、ここでおでんをツマミに一杯やったものであるが、今日は家で夕飯が待っているので、早々に帰ることにする。

IMG_1959.jpg   IMG_1961.jpg


途中、新目白通りと環七の交差点にある交番脇で、白バイさんが出番に向けて待機していらっしゃる。
来る道すがら通った時には、まさに出番の真っ最中だった。
なかなかの仕事熱心ぶりである。
ご苦労様です!!(^ー^)

IMG_1926a.jpg   IMG_1966.jpg


最近、仲間内で本格的なロードバイクによるサイクリング(?)が流行っているようだが、私にはこの位がちょうど合っているようだ。
往復1時間半、なかなかいい汗をかきました


雨雲が来る前に速攻ツーリング

天気予報によると、今週末は雨が降るらしい。
土曜日の昼頃から降りだし、日曜日の夜に上がるとのこと。
それならば家でおとなしくしていようかと思ったが、朝起きてみると、カーテン越しに日が射している。
晴れているならとりあえず出掛けてみるか・・・
ということで、昼過ぎに帰って来る予定でショートツーリングに出掛けた。
行き先は・・・・まぁ聞かないでください

関越を川越で降りて、R254を北上し、白石峠を経由する。
久々に奥武蔵グリーンラインを走る。
尾根続きの細く曲がりくねった道が続く。
左右には木が生い茂っており、薄暗く、眺望は決して良くない。
バイクで走るよりも、のんびりと歩いた方が、雰囲気を楽しめていいかも知れない。

しばらく走ると、峠の茶屋に出る。
「富士見茶屋」という、手打ち蕎麦の旨い店である。
以前に2回ほど来たことがあるが、久しぶりだ。

もりそば(大)を注文。
事前に量を確認し、大盛りでも行けると判断した

出て来た蕎麦は、見た目にもコシがあって旨そう。
量もちょうどいい。
いざ、口に運ぶと、歯ごたえがあって実に旨い
旨い蕎麦に出会うと、とても幸せな気分になる。
今日は曇っていて眺めが良くないのがちょっと残念。

F1000013.jpg   F1000014.jpg

満腹になって、しばし休憩し、出発。
さ、雨が降って来ないうちに帰ろう。

<下道を走って午後2時に家に着いたが、結局4時過ぎになってようやく雨が降り出した。こんなことならもう少しゆっくり走って来ればよかったな・・・>


ちょっと秩父へお散歩ツーリング

世の中がGWに突入した頃、私もツーリングへ行く予定だった。

今年のGWは、いつからいつまでなのかイマイチはっきりしない。
例年だと、土曜日から翌週の日曜日までの9連休といったところなのだろうが、今年は休みが飛び飛びなので、まとめて休みをとる人が少ないらしい。

とりあえず私は、4月26日(土)~29(火)までを4連休とし、ツーリングの計画をたて、26日の朝、荷物を満載して家を出発した。
・・・・が、表通りに出て一つ目の赤信号で停まろうとしたら、ギヤがローに降りない。( ̄◇ ̄;)!!
チェンジペダルをいくら踏んづけても降りない。(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)
て言うか、チェンジペダルが底付きしちゃったような感覚で、下にも上にもどっちにも動かなくなってしまった。
停止した時に何速に入っていたかわからないので、超半クラを使って発進し、なんとか家まで帰った。
11時にバイク屋が開くので、またまた半クラ多用でなんとかバイク屋までバイクを運んだ。
事情を説明し、見てもらうと、
「う~ん。中を開けてみないとわかりませんね~」のつれない一言。
「ウチ30日から休みに入っちゃうんで、修理はGW明けになります」のダメ押しのお言葉で、あえなく私のGWツーリングは花と散った。_| ̄|○

そして先週の日曜日、やっとこさバイクを引き取った。
今週走らないてはない。
実は昨日も仲間と日帰りツーリングに行ったのであるが、今日も家でじっとしている気はない。
と言うわけで、今日もバイクで家を出た。

最初は長野まで行って蕎麦を食べて帰って来ようかとも思ったが、ちょっとした家の用事で出発が遅れたので、お手軽な秩父ツーリングへとルート変更。
出だしからいきなり肩やら手首やらが痛い。
昨日の後遺症が残っているようだ。
関越に乗り、PAには寄らず、川越で降りた。
お決まりの川越~日高線を走る。
途中、「大助うどん」の前を通ると、既に店が開いている。
ここのうどんは、コシがあって、やたらと量が多い。
味もまぁまぁなので時々寄るのだが、本日のメインエベントは「秩父の蕎麦を食す」なので、スルーした。

R299に入り、前のクルマについてのんびり走る。
途中あしがくぼの道の駅で休憩し、いざ秩父へ。
秩父市街に着いたのがちょうど昼過ぎで、目当ての蕎麦屋へ行くと、駐車場にぎっしりとクルマが停まっている。
待つことが嫌いな私は、あっさりとあきらめ、R140を長瀞方面へ向かう。

さっきまで感じていた肩や手首の痛みは、今はそれほどでもない。
ハンドルに体重をかけるのではなく、背中を丸めて背筋で姿勢を保つ、という乗り方を思い出したからだ。
しばらく乗っていなかったので、基本的なことを忘れていたらしい。
相変わらず60㎞前後のゆっくりしたペースで流す。
花園方面へだいぶ走った頃、素朴な感じの蕎麦屋を発見。
腹も減ったし入って見よう。
駐車場に入るといきなりダートになった。(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)
砂利が浮いてるので結構ビビりながら、バイクを店の前に停めた。

店の中はオール座敷になっているので、先客の視線を浴びつつブーツのベルクロをバリバリいわせながら剥がし、座敷にあがった。
店内は結構広く、きれいだ。
もりそばの(大)にしようかと思ったが、「おおもり」では過去何度か痛いめにあっているので、ふつうもりを注文した。
ほどなく出てきた蕎麦は結構コシがあり、なかなかのお味。
量も適度で、おおもりにしなくて良かった。
500円のお値段も、なかなかリーズナブル。

20080518124003.jpg   20080518122738.jpg


東松山付近のR254沿いの牧場。牛の横をクルマがビュンビュン走る光景はちょっと異色。
IMG_1911.jpg   IMG_1921.jpg

満腹になり出発し、家路に向かった。
時間もまだ早いので、ひたすらR254を走り、家に着いた。
走行距離約200㎞。
気楽な日帰りツーリングを楽しんだ良き一日となった。

カルキ飛ばし

10年近く使っていた湯沸かしポットが、先日ついにご他界あそばされた。

そのポットはポンプ式?で、いちいち上蓋の真ん中辺をギュッと押さないとお湯が出ないヤツで、最近パッキンが劣化してきて、かなり力を入れてギュゥゥッと押さなければお湯が出なくなっていたのであるが、それがついにギュゥゥッでもダメになって、シュコシュコシュコシュコ連続でポンピングすること数十回、やっとコーヒーカップ一杯分のお湯を得るという、非常に困難な状態になっていた。
それがとうとう一滴のお湯も出なくなってしまった。
10年近くも使ったんだから仕方ない。
定年退職おめでとうございます、と言ったところだ。

そこで新しいポットを購入したわけであるが、それがどうもあまり良くない。
カルキ臭が抜けない。
一回沸騰させて飲んだら、それはとても飲めた代物ではなかったので、「カルキ抜き」と書かれたボタンを押してみた。
何回かシュウシュウお湯が沸騰し、5分ほど繰り返したあとで落ち着いたので、飲んでみた。

・・・・・全然臭い飛んでないんすけど(|||´・`)

頭に来て、4~5回繰り返してみたが、ほとんど効果なし。
ばっちりカルキの臭いが残っている。

使い始めて1週間ほど経ったが、そういうわけで未だにカルキ臭100%のお茶を飲んでいる私である。(ToT)

コメント

日頃拙いブログをご覧いただいて、且つコメントまでいただけるとなると、それは大変ありがたいことです。
本当に感謝致しております。

ただ、心ないコメントも毎日のように入って来る。
いったいなんなんですかね?
目的がよく分からない。

以前はこういったことは全く無かったのであるが、数ヶ月更新しないでいたらそういったコメントが毎日のように投稿されるようになった。
それからまたボチボチ更新するようになったら、気のせいかその数も減ったように感じた。
そしてここ最近、またしばらく更新しないでいたら、再び毎日のように投稿されるようになった。

う~ん・・・・
なんかウラを感じてしまうのは気のせいなのだろうか・・・・・
ここには絶対に書けないようなことがもしかしたらあるのかなぁ

とりあえずちょくちょく更新した方が無難なような気がするので、これからは日記代わりに書き込もうと思う。(本当?)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。