FC2ブログ
「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



勝浦珍道中「さらば房総半島編!」

さて、長々と続けてきたレポートも、いきなり巻きが入ります。

充実した料理と酒を心ゆくまで堪能し、心安らかに眠りについた翌朝は、当然の如く瞼と頭が重かったりします・・・(-_ゞ
しかし、C氏はいつも通り朝からハイテンションで、「散歩行くよ!散歩!!」と元気いっぱいのご様子。
頼むからもう少し寝かせてくれ~ _| ̄|○
・・・それでも何とか這い起きて、ご一緒させていただくことに。

宿の前の坂道を降りると、港に出ます。
今日は朝から快晴。
心地よい潮風に当たると、ぼーっとした頭の中から、徐々に霧が晴れていくようです。

IMG_2261.jpg     IMG_2274.jpg

海辺をしばらく散策した後、宿に戻り朝食を摂りました。
やや胃がもたれ気味の私は、遠慮がちにご飯一膳いただきました。
未だ成長期のD氏は、朝から絶好調で、モリモリ食べてらっしゃいます。
そんなD氏の姿を、あたかも自分の息子のことでもあるかのように、あたたかく見守る3人でした。
そんな若者然としたD氏のことを、後日別の呼び名で呼ぶことになろうとは、この時は誰も知る由もありませんでした。

首尾良く朝食を済ませた後、荷物を片づけて出発の準備です。
・・・が、その前に、DOCKS専属メカニックのK氏に、私のバックミラーの調整をお願いしました。
私のミラーは、去年の転倒事件で純正のミラーを破損して以来、備太郎似製のものを付けているのですが、これが振動によって、締め付けてあるボルトがだんだん弛んできて、今では100㎞/h以上出すと風圧で手前におじぎしてしまうのです。(|||´・`)
以前、同じものを付けていたというK氏によって、フェンダーカウル(スクリーン)の取り外し作業が始まりました。
そうなんです。
たかがミラーの増し締めをするだけのために、いちいちフェンダーカウルを取り外さなければならないのです。
K氏の手によって、作業は順調に進んでいきます。

元通りにカウルを取付け、完了!
手慣れたK氏でも15分位の作業となりました。
私がやったら半日作業になることは間違いありません。
感謝、感謝。
次回からは有料でお願いします。(;^_^A

IMG_2286.jpg

さて、一同バイクに荷物をくくり付け、一晩お世話になった宿ともお別れです。
明るくて感じのいい女将さんに送り出され、宿を後にします。
快晴のもと、海岸沿いの道を流します。
途中、房総フラワーラインを走りました。

IMG_2292.jpg   IMG_2291.jpg

IMG_2289.jpg

途中に、土産物を売っている物産館があったので立ち寄ります。
美味しそうな干物が並んでいます。
ひとつ買っていきますか。
「すいませ~ん」\(^o^)/
私が声を掛けるのと同時に、大型の観光バスが駐車場に入って来ました。
「バス来ましたー!」
掛け声とともに、店員さんが私を残して皆バスの方に走って行ってしまいました ヽ(=.=;)/
バスから降りて来る観光客に向かって、この時とばかりに干物を焼いた香ばしい煙を扇いでいます。
う~ん、やるね!
観光客が一段落して、やっとお相手をしてもらい、無事お土産を購入しました。

そこからまたしばらく走って、昼飯にします。
昼はラーメン。
つか、このメンツだと圧倒的にラーメンが多いような・・・
夜の部の締めもいつもラーメンだしね。
そういうわけで、道路沿いの中華店に入り、広東麺を食べました。
味はまぁまぁですね。

さぁ、いよいよ今回のツーリングも大団円を迎えようとしています。
ここから木更津に向かい、そこから東京湾アクアラインを走って川崎に抜ける計画です。
行きはフェリーで久里浜から金谷に渡り、帰りは自走で木更津から川崎に渡る。
言ってみれば、今回のツーリングは「東京湾横断ツーリング」とも命名出来ますね。
今までひとりで房総に行く時は、○○のひとつ覚えみたいに江戸川を渡るルートばかりだったけど、こういったスケールの大きいルートもあったんだなぁ。
これも幹事殿の粋な計らいのおかげです。
K幹事、本当にご苦労さまでした!
そしてありがとうございました!!
Cちゃん、Dちゃん、いつも楽しくお相手してくれてありがとう!!

アクアラインの途中の海ホタルで休憩した後、再会を誓って、一同それぞれ帰路につきました。
「今度はみんなでどこ行こうか?」各人、そんな思いを胸に抱きながら・・・・・

<終わり>


スポンサーサイト