FC2ブログ
「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上野のおでん屋さん

年の暮れも押し迫って来て、仕事に忙殺される日々が続く今日この頃ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

私はと言うと、たまたまヒマになった昨日、上野に飲みに行って来ました。
世情に疎い私の夜の活動範囲は極々局所に限られるのですが、今回に限ってなぜに上野か?
それには深い訳がありまして・・・・・

・・・・などと言うおおげさなものではなくて、知人が美味しいおでん屋に案内してくれるということになり、その店が上野にあるという、ただそれだけの理由からです。

おでん・・・・・

実は私はおでんの味には意外とうるさかったりします。
と言うのも、私の勤め先がある四ツ谷に、10年ほど通ったおでん屋の屋台があったからです。
そこのおでんは味付けにみりんを一切使ってなく、甘みがまったくありませんでした。
そこが気に入って10年間通い続けたのですが、駅前の区画整理の影響で屋台は姿を消してしまいました。
それからというもの、美味いおでんに巡り会うべく、いろんな店でおでんを食べましたが、今日に至るまで未だ実現には至っていません。
なので「美味いおでん屋」という言葉に、一も二もなく飛びついたのでした。

その店は、不忍通りを挟んで上野公園の向かい側から路地を入ってすぐのところにありました。
いかにも歴史のあるお店といった感じです(創業100年とのこと)。
7時に行ったのですが、既に満員とのことで、10分ほど待ちました。

店内に入ると、カウンター席がズラリと並び、どのお客もおでんを美味そうに食べています。
私たちが座った席は、ちょうどおでんを煮ている鍋の真ん前なので、鍋の中身がよく見えます。
通常のメニューに加え、名物の牡蠣のネギマや鮪のネギマもほどよく煮えています。
この店のルールらしく、ひとりずつ小さな土鍋(鍋焼きうどんの鍋)に注文したおでんを入れてもらい、渡されます。
好物の大根、ちくわぶ、がんもに加え、鮪のネギマを頼みました。

じっくりと煮込まれた鮪は、つゆがしみ込んでほどよく柔らかく、実に美味い!
大根もたっぷりと汁を吸い込んで焦げ茶色になっています。
ちくわぶ、がんもも同様です。
何と言っても気に入ったのは、味にまったく甘みがありません。
これは癖になりそうです。

20061220174124.jpg

他にロールキャベツ、野菜の袋などを食べました。
ひとつひとつが結構大きめなので、かなり腹一杯になりました。
また是非行ってみたい店ですね。 

20061220174801.jpg

たこ久

腹一杯になって店を出ました。
さて、おとなしく帰るか・・・・・
・・・・・な~んてね!
このあと何と回転寿司に行きました。o `o´)○☆
ウニやらイクラやらトロやら、またまた腹一杯食べました。
もうホントに何にも入りませんよ~~(´。`;)

20061220174729.jpg     20061220174748.jpg


スポンサーサイト