「ステさん道中記」
ツーリングレポートや日常の出来事などを、 徒然なるままに記した日記です
プロフィール

ステ三郎

Author:ステ三郎
バイクツーリングやその他諸々日々の出来事を、徒然なるままに書き続けて行けたらいいなと思っています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴の湯温泉
去る9月上旬のとある日、秋田県に在る鶴の湯温泉に行って来た。

鶴の湯温泉の存在を知ったのは、ずいぶん昔のことである。
約20年くらい前に、バイク雑誌発行のツーリングビデオの中で「秘境の温泉」というふれ込みで鶴の湯温泉が紹介されており、それ以来、一回行ってみたいなぁと思っていた。
ただ、ここ数年、バイクに乗る機会もめっきり減ってしまい、それとともに鶴の湯温泉のことも知らず知らずのうちに頭から離れていった。

そんな時、前日から出張で盛岡に来ていた私だったのだが、思いがけず仕事が早く終わった。
得割きっぷで買った帰りの新幹線の乗車時刻まではまだ数時間の余裕がある。
今回はプライベートでも付き合いのある親しいお客さんとふたりなので、「せっかくここまで来たのだから行ってみようよ。この機会を逃したらもうチャンスは無いかもよ」ということで、行くことになったのだ。

盛岡から車で走ること1時間強、国道から分岐した細い道に入り、やがて未舗装路に変わり、だんだん秘境感が漂ってきた。
15分ほど走ると、「乳頭温泉郷 鶴の湯温泉」の看板が現れる。

CM140904-105027001.jpg


ほどなく鶴の湯温泉に到着。

CM140904-110139003.jpg

以下、HPより引用。

「鶴の湯温泉は乳頭山(1478m)の麓の乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)の八軒のうちの一軒で同温泉郷の中でも最も古くからある温泉宿です。
古くは寛永15年(1638年)に二代目秋田藩主 佐竹義隆が、寛文1年(1661年)に亀田岩城玄蕃が鶴の湯に湯治訪れたといわれています。一般客相手の湯宿としての記録は元禄時代(1688~1704年)から残っています。
鶴の湯の名前の由来は地元の猟師.勘助が猟の際に傷ついた鶴が湯で傷を癒すのを見つけ事がそのまま鶴の湯の名に残ったのだといいます。」

なるほど、いかにも歴史のある建物といった感じだ。

CM140904-110420007 (1)

以下、HPより引用。

「鶴の湯には4種類の泉質の異なる源泉があり、
それぞれ白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれています。
その昔地元マタギの勘助が山の中で傷を温泉で癒しているのを見つけたのが鶴の湯の名前の由来だといわれています。」

なるほど・・・
ということで、入湯料500円,タオル代210円を払っていざ入浴!

白湯
CM140904-110851010.jpg
白湯,黒湯,露天風呂(混浴!)と順番に入った。
露天風呂では若いカップルが入浴しており、視線のやりどころに困るやら、あちらの視線も気になるやらで、落ち着かないこと甚だしい・・・(;^_^A
結局10分ほどして出てしまったorz
硫黄の匂いがかなり強い湯だった。

いい思い出になりました(^o^)

http://www.tsurunoyu.com/


→ 全文を表示
スポンサーサイト
富山出張

二日間、出張で富山へ行って来た。
と言っても初日は移動だけ。
午後2時に家を出て、東京駅から新幹線に乗り、越後湯沢でほくほく線に乗り換える。

1377502384368.jpg

ここから富山まで2時間。
ちょうどいい距離だ。
と言うわけで、こうなる。

1377582863414.jpg

もう一丁。

1377586157935.jpg

かなりいい感じになった頃に富山に着く。


ホテルに入ると、飛行機で来たk氏から連絡が入り、食事に出掛ける。
チェーン店の居酒屋で適当に飲んだあと、二次会へ。

1377765135031.jpg

富山名物ブラックラーメン。
ただし魚介風味なのでイマイチ(:^_^A

満腹になったのでホテルに戻って寝る。


翌朝は快晴。
お客のところに行くにはちょっと早いので、日本海を見に行く。

20130827_091809.jpg

心が洗われます。



午後3時位まで現地調査を行い、今回の業務は終了。

昼は回転寿司で豪華特上にぎり。

20130827_121905.jpg

今回はかなり楽な出張だった。
こういう出張だったらいくらでも行きたいのだが\(*´▽`*)/

長いものには巻かれろ

DCIM0329.jpg

毎朝、通る江戸川橋付近の神田川沿いの遊歩道にて。
大通りから50メートルと離れていないところでまさかこんな風景に出くわすとは ((( ;゚Д゚)))
ヘビが苦手な私は、かなりビビリながらもしばし観察、エラが張っていないことから毒蛇ではなさそうなので、ダッシュで横を通り過ぎた。ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ┏(; ̄▽ ̄)┛ヒーッ


染の小道

西武新宿線中井駅を挟んで南北に伸びる商店街の店の前には、染めものが飾られている。
この一帯を「染の小道」と言うらしく、カメラを持った外国人や観光客の姿も見られる。
線路の近くを妙正寺川が流れていて、昭和30年代頃までは、川の水を使って染物を水洗いしている風景が見られたそうだ。
今では考えられないことだが、昔はそれだけ川の水がきれいだったのだろう。

この辺り、新宿区の落合,上落合地区の地場産業である染物をアピールする目的で、この三日間、店先の染物の展示と同時に、色とりどりに染められた反物が川に張られ、道ゆく人々の感動を誘った。

IMG_2025a.jpg   IMG_2034a.jpg

カメラを持ってぶらりお散歩(石神井公園編)

先日、石神井公園へ行って来た。
目的は散策と写真撮影。
シリーズ第2弾だ(笑)。

自宅を出て、千川通りに沿って江古田,桜台,練馬と抜け、富士見台から千川通りを離れ、裏道に入る。
昨日までのグズついた天気とは裏腹に、今日は良く晴れていて、厚着をしていることもあって歩いていると軽く汗ばむほどである。
1時間40分ほどで石神井公園に着いた。

石神井公園には大きな池がふたつある。
東側が石神井池、西側が三宝寺池だ。
まずは石神井池に沿って歩く。
天気が良いせいか、結構人が出ている。
足漕ぎ式の船に乗る人、岸辺で釣りをする人、手製の船を操縦する人など、皆思うままに休日の午後を楽しんでいる。

IMG_3226a.jpg   IMG_3220a.jpg

水面にはいろんな水鳥が気持ち良さそうに泳いでいる。

IMG_3216a.jpg   IMG_3213a.jpg

池に沿った道を散策する人達。

IMG_3265a.jpg

石神井池を端から端まで歩き、道路を渡ると三宝寺池に出る。
石神井池はどちらかというと、子供と一緒にボートに乗ったりして家族連れで楽しむ人達が多く見受けられるが、こちらの三宝寺池はわりと年齢層の上の人が多いようだ。
木立に囲まれた、より自然に近い落ち着いた雰囲気が、静かに午後のひとときを過ごしたいと思う人達に好まれるのかも知れない。
外周に木道が続く。
その上をゆっくりと散策する。

IMG_3239a.jpg   IMG_3252a.jpg   IMG_3249a.jpg

この池に住んでいる鳥たちの名前が出ているが、アヒルは無い・・・・・(;^_^A
いったいどこから来たのか??

IMG_3238a.jpg   IMG_3236a.jpg

ぐるっと一周して戻って来ると、三宝寺池の入り口にある茶店風の飲食店が目に付いた。
今日はまだ昼食を摂っていないので、急に空腹をおぼえる。
この店は座敷に座ってゆっくりと食事が出来るので、そこに入ることにした。
店の写真撮影は禁止されているらしいので、遠巻きに1枚撮らせていただき、座敷ではなく隅っこの縁台風の席に腰掛けた。
メニューには麺類やごはんものの他に、おでんや煮込みなどもある。
温かいおでんにお酒、というのも非常に魅力的であったのだが、帰りも歩いて帰るつもりなので、酒は帰ってからの楽しみにとっておくことにして、ラーメンを注文した。

IMG_3227a.jpg   IMG_3230a.jpg

ラーメンは私の好みの鳥ガラ風スープのあっさり醤油味。
大変満足して店を出た。

そこからは来た道をもどりながら帰路につく。
「温かい風呂」と、「湯豆腐に酒」を頭に浮かべながら家路を急いだ。

ゴルフ練習場の閉鎖

私がゴルフを始めたのはおよそ10年前。
その時から、ずっと通い続けているゴルフ練習場がある。
間に3年ほどのブランクがあったものの、ほぼ毎週末の早朝に、2~3時間ほどそこで過ごすのが日課となっている。

先日も朝の8時前にその練習場に行ったのだが、その時に店の主人からショッキングな話を聞かされた。
この練習場を、近い将来、閉鎖するというのだ。
聞くところによれば、相続税云々とかで、泣く泣く手放さざるを得ないということらしい。
私にとっても、まさに青天の霹靂である。
これからどうすればいいのか・・・・・

実は隣にもゴルフ練習場があって、そこはここよりも距離も長く、設備も充実している。
ただ、ここだけの話、こちらに比べてかなり料金が高いのだ。
ボール一球あたりの値段が7円ほど違う。
ゴルフ練習場で言うところのボール一球の値段というのは、ボール一球を「打つ権利」の値段だ。
私はだいたい一回行くと、150~200球位打つので、一回の値段が1000円以上も違って来ることになる。
これは大問題である。
私のような貧乏ゴルファーは、しょっちゅうゴルフ場に行くことが出来ないから、せめて練習場に行ってボールを打つことで、日頃のウサを晴らしているのだが、その練習場に行くことさえこれからは敷居が高くなってしまう。

いったいこれからどうすればいいのか・・・・・

当分は次なる練習場探しに追われる日々になりそうだ・・・・

IMG_0012.jpg

カメラを持ってぶらりお散歩(雑司ヶ谷編)

さてさて、今更言うまでもないが、私の趣味のひとつにデジタル一眼レフカメラによる写真撮影がある。
・・・な~んていうと、まわりの人からいっせいに失笑を買いそうだが、実は自分でも情けなくなるほど、一眼レフを持って撮影に出かけた時がいつのことだったか、遥か遥か遠い記憶の彼方に埋もれているのである。
そういう、やむにやまれぬ事情に追われて、このクソ寒い北風がぴゅうぴゅう吹く日に、物好きにもカメラを持ってお散歩に出かけたのであった。

行先は池袋の雑司ヶ谷方面とする。
まずは近所の公園で撮影を・・・

IMG_3159.jpg

と言ってもあるのは枯れ木のみ・・・

池袋方面に歩いて行くと立教大学がある。
外壁には変わったオブジェが。

IMG_3167.jpg


池袋を過ぎてしばらく行くと、都電荒川線が走っている。

IMG_3171.jpg   IMG_3177.jpg

シャッタースピードを落として電車に躍動感を・・・
などとチャレンジするも、手ぶれが発生してその写真はボツになった・・・(T_T)

雑司ヶ谷霊園を散策する。
お墓の写真を撮るのもいかがなものかと(政治家風)思われるが、極力墓石等ははっきり写らないような構図を工夫するということで妥協する(;^_^A
って既に写ってますが・・・

変わった形の石をメインに、冬の木立をバックに入れて月をワンポイントに・・・
あれ?石の上に鳥のフンらしきものが・・・(T_T)

IMG_3189.jpg


夜にお会いしたら結構ビビるかも・・・

IMG_3187.jpg


たくましく、つましく生きる一本の木・・・(-_| ポッ

IMG_3191.jpg


外に出るととても立派な巨木がペアでそびえ立っていた。

IMG_3194.jpg


東池袋方面にそびえ立つ高層ビルとその他大勢の建物。

IMG_3197.jpg


帰り道、既に日は傾き、ビルに反射する光は怪しい雰囲気を醸し出す。

IMG_3201.jpg


・・・というわけで、なんとも寒い思いをしただけで、なんだか良くわからない写真ばかりとなった。

まだまだだね・・・・

千葉になんとなくドライブ

去年はほとんど放置プレイだった当ブログだが、今年は出来るだけ書き込もうと思っている(今のところ・・・(;^_^A))。
そういうわけで、去年書き残したことを、今更ながらだが書こうと思う。

2010年12月23日、4月に新しく買い替えた車だが、まだ2000kmちょっとしか走っていないので、ブラっとドライブに出かけることにした。
東京からブラっとドライブに行くには、埼玉、神奈川、千葉あたりが適当だと思われる。
埼玉は昔バイクでよく通ったので、個人的には好きなところだが、この寒い時期に行くにはほんの少しだけためらいがある。
神奈川は夏の日差しを浴びて海を見ながら走るのはなかなか快適であるが、今は冬である。
この寒い時期に行くには、やはりほんの少しだけためらいがある。
ということで、やはり千葉がいいだろう。

特に観光の予定も無く、時間に追われてもいないし、近場だし・・・ということで下道を走る。
上野から駒形橋を渡って水戸街道に出て、立石から奥戸街道に入り、そのまま千葉県に入って千葉街道を流す。
旧道をしばらく行くと、千葉の手前で片側3車線位の広い道になり、快適に走る。

11時頃出発したのだが、昼食を摂るところはあらかじめ決めてある。
千葉市に入り、国道16号線を工場地帯を右に見ながら走ると、ほどなく左側に見えて来た。
その名も「手打ちラーメン珍来」。

IMG_0067.jpg

だいぶ前にバイクでツーリングに来た時に入って病みつきになった。
どのメニューも美味くてボリュームもあり、充実している。

IMG_0063.jpg   IMG_0062.jpg

IMG_0061.jpg

ただしここに行く時はいつも運転しているため、酒は飲めない。
それが唯一の欠点であるが、仕方ないのでノンアルコールで我慢する。(T T)
毎度のことながら、何を注文するかさんざん迷った挙句、うま煮ラーメン、辛味噌ラーメン、餃子に決定した。ε=(-。- )ふぅ 

IMG_0065.jpg   IMG_0064.jpg 

IMG_0066.jpg

毎度のことながら、腹いっぱいになり過ぎ、しばし呆然と時を過ごした後、やっとこさ重い腰を上げた。
せっかくだからどこか一か所位観光しようということになって、稲毛海浜公園にある「花の美術館」へ行く。
既に夕暮れ時で、尚且つ寒いので、屋外の庭園巡りは割愛し、屋内のみの見学とする(;^_^A

IMG_0080.jpg   IMG_0087.jpg

なんか良くわからないうちに館内を一周し、外に出た。
ついでに海岸に行ってみる。
夕焼けに染まった空が美しい・・・・
おぉ!対岸には富士山が!!

IMG_0101.jpg


というわけで、来年はいい年にするぞ!と富士山に誓ったかどうかは別として、冬のぶらりドライブの一日は暮れていくのであった。
 
山手線一周ウォーキング

新年も早一週間が過ぎ、正月ボケもやっと抜けて来た今日この頃であるが、最後の社会復帰リハビリ期間として今週末は3連休である。
昨日は定例の朝一番のゴルフ打ちっ放しのあとは、一日家でグダグダしていたので、今日は兼ねてからの懸案であった山手線一周ウォーキングに出かけることにした。
実は今から遡ること30年ほど前、友人と同じことに挑戦したことがあったが、最後の最後で挫折してしまった苦い思い出がある。
しかしここ数年は会社の行き帰りなどによく歩いているので、今回はなんとかいけそうな気がする。

7時35分自宅を出発。
山手線一周の起点は山手通りの西池袋ランプ近くの交差点とする。
出発時刻7時50分。

IMG_0222.jpg

ここから山手通りを南下する。

東中野駅を通過し、少し行くと気になる店が・・・。

IMG_0223.jpg

朝食をまだ食べていないので腹が減っているが、外での食事は寒そうなので通り過ぎる。((( ;゚Д゚)))

8時35分、中野坂上駅を通過、しばらく行くと渋谷区に入る。

IMG_0224.jpg   IMG_0225.jpg

いい加減朝飯を食べたいのだが、適当な店が無い。
腹減ったよう・・・( ´・`)

そうこうするうちに中目黒駅に出た。
待望の立ち食い蕎麦屋があったので入り、かき揚げ蕎麦を食す。┗|*`е´*|┛

IMG_0228.jpg   IMG_0227.jpg

10時10分、腹が満たされたところで出発!
大崎駅前を通り過ぎ、品川方面に向かう。
第一京浜を歩いていると、次々とリュックを担いだ年輩の方々とすれ違う。
どうやら歩け歩け大会が開催されている模様。
皆さんとても健脚らしく、颯爽と歩いておられる。
こちらは歩き始めて4時間ほど、やや疲労が出て来たのでマイペースで失礼します(;^_^A
お互い頑張りましょう!

11時45分、品川駅前通過。

IMG_0234.jpg

12時45分、新橋駅を通過し、中央通りを東へ向かう。

IMG_0235.jpg

銀座から日本橋の間は歩行者天国で、人通りが多い。( ´・`)

IMG_0237.jpg

13時30分、日本橋到着。ここまで36,000歩歩いて来た。

IMG_0239.jpg

ここから歩行者天国は終わり、歩道を歩く。
そろそろ昼飯を食べようかな・・・と思っていると、ほどなく見慣れたオレンジ色の看板が!
・・・てなわけで、昼食です(-_| ポッ

IMG_0238.jpg

13時20分、昼飯を食べ終わり、いよいよ後半戦だ!
中央通りをひた歩き、神田駅のガードを潜り、秋葉原を通過!

IMG_0241.jpg

14時15分、上野駅の手前で不忍通りに入る。
不忍池でトイレタイム (-_| ポッ
景色がいいのでちょっと休憩する。

IMG_0242.jpg

そろそろ疲労がピークに達しつつある。
脚の疲れよりも腰に結構来ている。
ここからはゴールまであと2時間余り、頑張ろう!!
そこからは、根津、千駄木、駒込を経由し、巣鴨に至る。
蛇足だが、我が家の七味唐辛子が先日切れてしまった。
去年の正月にとげぬき地蔵通りに出ている出店で買ったものなので、同じものを購入した。

さぁ、あともう少し。
大塚駅からR254に出て池袋に到着した。

IMG_0245.jpg

少し早いが夕食にする。
池袋北口の土佐っ子ラーメンに入る。
「ほろ酔いセット」なるものを注文した。

IMG_0250.jpg   IMG_0248.jpg

土佐っ子と言えば、昔環七沿いにあった背脂たっぷりラーメンで有名な店であるが、ここのラーメンも全く同じ。
ここ最近、背脂系のラーメンも結構食している私であるが、やはりここのは一味も二味も違う。
匂いからして強烈だ。
やはり元祖背脂系ですな!恐れ入りました!!
・・・恐れ入りながらも麺を食べ終わったあと、レンゲでスープを掬って飲み続ける自分が怖かったのだが・・・(;^_^A

かなり満腹になり、店を出た。
怪しげな店が立ち並ぶ中、お兄様方の勧誘を丁重にお断りしながら山手通りに向かう。
いよいよ大団円だ。
15分ほど歩いて、出発地点に到着した。

IMG_0252.jpg

時刻は17時。
出発しておよそ9時間半の行程であった。
歩き始めてここまで54,000歩、距離に換算して約42km。
奇しくもフルマラソンと同じ距離となった。
かなり疲れたが、充実した一日となった。
帰ってからゆっくり風呂に浸かり、乾杯のビールを飲もう!!
自宅まであと1km弱、頑張るぞ!!┗|*`е´*|┛


大洗海鮮市場にて

8月13日金曜日、お盆の初日に茨城県の大洗まで行って来た。
さすがにこう暑くてはバイクに乗る気にもなれず、今回はお車でのドライブだ。

下手に高速に乗ると、大渋滞に巻き込まれかねないので、ひたすら国道6号線を北上、ちょうど昼頃に大洗に着いた。
今回の目的は、海鮮市場にて取れたての新鮮な魚介類を食すことである。
近くの海水浴場は人、人、人。
砂浜には建売住宅の如くビーチパラソルが並んでいる(;^_^A

そこから少し走ると、目的の大洗海鮮市場があった。
ここも駐車場はほぼ満杯。
なんとか空いているスペースを見つけ車を停める。

海産物売り場にずらりと並んだ魚介類や、店先で焼かれている蛤や牡蠣に食欲がそそられる。
20100813121528.jpg

その並びに食堂が何軒かある。
そのうちの一軒に入る。
メニューに並んだ品書きによだれを飲み込みながら、しばし迷ったのち、一番コストパフォーマンスの高そうな海鮮丼を注文した。
注文してものの5分も経たぬうちに出て来たのがこれ。
20100813122716.jpg

そそくさと写真を撮り、早速食らいつく。
旨い!!!o(>o<)o
ビールを飲めないのが残念だが、代わりに頼んだ蟹汁がこれまたバカウマ!!!o(>o<)o
その旨さに半ば呆然としながら、至福の時を味わった。


帰りにアジの干物などを買い、岐路に着いた。
途中、鹿島神宮に寄って食後のまったりお散歩など致し、東関道にて無事帰宅した。

20100813152428.jpg   20100813153127.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。